読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

『心を鎮め、自分が神であると知れ』

自分にはどんなことでもできる。自分の運命の支配者になったときから、不可能はなくなる、というわけだ。 ──ミリオネア(『成功の掟』より) 9ヶ月ぶりぐらいに筆をとりました──実際には、パソコン開いてキーボード叩いてますが(笑) なんとなく作ってた体…

やっぱり何か感じることがあったら、何かを手放してもやってみたほうがいいと思っています。

安定とか安全を求めることは誰にとっても自然なことだと思います。ただ、安定とか安全は、結果的に危険な道にいくことがある。安定や安全を求め過ぎて何も手放さないと、どんどん行き詰った道にはまっていってしまうと思います。 (中略) そもそも絶対に安…

あなたは、いったいどれほどのお金があれば、満足するだろうか?(中略)面白いのは、年収が300万円の人も、1000万円の人も、5000万円の人も、答えは「2倍」なのだ。

報酬に満足するかどうかの根底にあるのは、使命感を持てる仕事に出合えるかどうかであり、使命感がともなわない仕事は、どんなに報酬が高くても、決して満足が得られない。その満たされない部分を金銭的に埋めようとするから、いつも「倍の年収があれば……」…

やらなくて後悔するのが一番もったいないのでやりたい事があったらぜひチャレンジしてみてください!

沢山成功するには沢山失敗するもんにゃ! マイナスな事考える前にレッツゴーにゃ! ──鈴尾粥(「comico」猫嫌いの家に生まれた猫好きが猫と暮らす絵日記 コラボイラストリレー第1弾より) あのときもっとああしていれば、なんて後悔はどれだけ歳を重ねても…

ほんとうに試されるのは、歩み続けることの勇気なのです。

しばしば人は「最初の一歩」が大切だと言います。そこさえ乗り越えれば大丈夫だと。もちろん最大のターニングポイントは、「最初の一歩」でしょう。 しかし、実際の人生は、なんでもない日々という試練は、「最初の一歩」を踏み出したあとからはじまります。…

周りがいいと思うを基準にしているのか、自分のちゃんと軸ができた上で良い悪いの判断をしているのか。というところはすごい気になります。だって、幸せの尺度だって全然違うわけじゃないですか。

何で自分が恋愛したいのかとか、その動機を因数分解することが大事だと思うんですよ。自分がやろうとしている恋愛のプランニングが本当に自分に合っているかどうかってのは、動機を細かく見つめ直して行かないと見えてこないと思っています。 ──勝部元気(「…

ようよう道言うのは、自分らで探して歩かなあかんいうことに気いついたんやな。

わしら、親の言いなりに生きようとした。自分には、その道しかあれへん思うてましたんや。この世のどっかに他の道があるやなんて、そないなこと、考えたこともあれへんかった。それが…その道が思いも寄らぬことでのうなってしもうて、ようよう道言うのは、自…

幼稚ではない理想が存在するのか

もし幼稚ではない、現実的に思える理想があるとすれば、それは妥協という名の紛い物だ ──シン(『レトリカ・クロニクル 香油の盟約』より) 理想ってのは、得てして不確かで非現実的なものだ。 私にとって、一番大事なことは「面倒くさくない」こと。もう世…

けっきょく猫は自分の暮らしを自分で選べばいいということ。気にいらなかったら、逃げちゃえばいいのです。

昔、私が知っていたあるひとりものの男性は、どこにいくにも猫といっしょでした。(中略)どこにでも猫を連れてあるいて、まるで猫と結婚しているようでした。じつはこの猫は、この暮らしを気にいっていたんです。とっても不自然な暮らしで、私だったら一日…

ええか。安中はん。うちは、『見栄を張り』とか、『背伸びせい』とか言うてるんと、ちがう。

言うたやろ。これからの女子は、それぞれがそれぞれの力で、世のため人のため、お国のために気張るんや。 あんたには、童話を書くいう力が、あるんやろ。それやったら、その力でたくさんの人に尽くさなあかん。たくさんの人に喜びを与えな、あかん。そのため…

前向きな姿勢がとれなくなったら、生み出される作品から力や深みは消えてしまう。

音楽でも文章でも、何かをクリエイトしつづけていくことの大変さは、基本的に変わりない。前向きな姿勢がとれなくなったら、生み出される作品から力や深みは消えてしまう。佐山くんにはとにかくいつまでも、ひしひしとひたむきな「ピアノおたく」であっても…

「夢を叶える」ってこんな気持ち?

私のしたことで、私のやりたいことで、誰かが幸せになってくれるこんな素敵な気持ちなの…? ──立花愛(『猫と私の金曜日 11 』より) バイト先の昔ながらのパン屋さん。ご主人は気難しい感じで、いろんな新商品アイデアを出す愛の意見をことごとく却下してき…

女性だからといって、家庭と仕事の両方を得てはいけない理由はありません。

まずはチャレンジしてほしい。千手観音のようにたくさんの手であれもこれも手に入れてもいいはず。最初からあきらめる必要はないのです。手に入れたかどうかは結果でしかない。タイミングや"運"もあるかもしれないけれど、運を引き寄せるには、置かれた場所…

あなたの人生で、絶対に欠かせないもの──つまり、「MUST HAVE」。

これは、あなたの人生の「核」ともいうべきもの。 もしかすると、日々の生活の中でこれを意識することは、あまりないかもしれない。でもそれは、何より大切なもの。 というのも、それを手にしているかどうかで、幸せ度が決まってくるからなのね。(中略) 大…

断言してもいいけど、いま日本国内では内戦が起きていると言えますよ。

どういうことかというと、“がんばって行動する人たち”と“しないヤツら”の内戦。“何かに情熱を傾ける人たち”と“それをバカにするヤツら”の内戦。インターネットが普及して以降、ここ10年くらいに起こった日本の衰退は、“ヤツら”のほうに耳を傾けすぎてしまっ…

人間は一朝一夕では変わらない。

だけど、自分がだめな人間であることを、頑張らない理由にはしない。だめな人間なら、だめな人間なりに頑張ればいい。結果が出ないなら、我慢してまた頑張ればいい。人生は死ぬまでの我慢だ。それなら前を向いて歩きながら我慢しよう。 ──ロロニア・マンチェ…

死ぬまで諦めなければ、それについては悩まずに済む

「アドレットさん。もし、力を手に入れられなかったら……どんなに努力してもだめだったら、どうするの?」「……難しい問題だな」 アドレットは静かに笑う。「まあ、考える必要はねえさ。死ぬまで諦めなければ、それについては悩まずに済む」 ──アドレット・マ…

自分の好きなものがわかっている人って、素敵ですよね

「そうだな。僕にはとても、あんな風に一つの物事に入れ込むことはできない」と僕はいった。「多分、自分の趣味をそこまで信頼できないんだろうな」「わかります。きっとどこかで飽きるか挫折するだろうと思うと、つい予防線として手を抜いてしまうんですよ…

おれは描かなくてはいけない、といっているんだ。描かずにはいられないんだ。

川に落ちれば、泳ぎのうまい下手は関係ない。岸に上がるが溺れるか、ふたつにひとつだ ──チャールズ・ストリックランド(『月と六ペンス』より) この物語のメインキャラクター、ストリックランドが、イギリスで勤めていた証券会社をやめ、妻子を捨てて絵を…

クリエイティブな仕事には、3年の壁があるという。

SNSで、友人知人たちがステージにあがっているところばかり見ていると、彼らが誰もいない観客席を前に、どれほどの時間の練習を積み上げてきたか、ついつい忘れてしまう。 しかし、もっとも大切なのは、ステージの上にいない間、あるいは空の観客席を前に、…

夢とは「自分独自の力を発揮して、他人を奮い立たせること」である

私はすべての人の夢は普遍的にこの言葉に還元できると信じています。芸術であれ、政治であれ、科学であれ、運動競技であれ、どのような夢でもこの1文に帰結するのではないでしょうか。もし当てはまらない場合、十分に夢について自覚できていないか、方向性…

自分が好きなものを見つけることですね。大好きで、仮に仕事を解雇されても何度でも何度でも最初からやり直せるようなものを見つけること。

それが自分の好きなものであり、使命であり、天職なのです。そのためにやっているのでなければ、とても難しいと思います。そうした情熱がないと、同じように生み出すことは難しいでしょう。 ──エリザベス・ホームズ(「ログミー」より) 昔からアーティスト…

神頼みというのは、叶えるべき願いを知るためにあるんですよ

「あの、私だって、織姫や彦星が願いを叶えてくれるとは思っていませんよ」ペンを持って中空に目をやったまま、彼女はいった。「でも、自分が何を求めているかについて考えるにはよい機会です。どんなに幸運であろうと、自分がほっしているものを理解してい…

僕の目標や夢、妄想やそれに対する悩みをTwitterやFacebookでバンバンバンバン丸見せするということです。

ステージに立つ人のごとく、僕はTwitterやFacebookを見ている人を全員観客のようにとらえて勝手に自身を丸見せしてたんです。それによって、僕は思いもよらないような人との出会いを作り、結果的に目標を大きく増幅することができたんです。 ──小野裕史(「…

チャンスを遠ざけるあいうえお

チャンスを遠ざけてしまう“あいうえお”について紹介してきましたが、こういう思いの時に出てくる言葉が 「だって」 「でも」 「どうせ」 という言葉です。(中略)「だって・でも・どうせ」という言葉を口にした瞬間、それはチャンスだと思ってください。「…

今自分がやることが必要なんじゃないかな、そんな「思い込み」でずっと洗脳して来る形でやってきました。

ネガティブに考えるくらいだったら「自分がこの問題を解決するんだ」。たとえば、ゴミ問題とかでも何でも、指差して、なんか当たった問題とかでもいいと思うんですね。 指差して当たっただけでも、それは運命なんで。それが自分の使命だって勝手に思い込んで…

180度、価値観がひっくり返される。これって、すごく楽しいことなんです。

価値観をひっくり返されることは、すごく勇気のいることだと思います。人は自分を守りたいから、なかなか他人の価値観を認められない。自己防衛手段なんです。弱い人であればあるほど、理論武装して自分の価値観を守ろうとする。でも、価値観をひっくり返さ…

「職を転々とするのは、みっともない」という一般通念があるが、これは、人生の楽しみ方、人生のゲームルールを知らないゲームプレーヤーの捉え方と言ってよい。

人生ゲームでは、ゲーム目的をプレーヤーみずからの意志で自由に設定、変更、追加、削除が可能だ。しかも何度でもだ。つまり、生きている限り、その気になれば、人生ゲームは何度でもやり直しがきくのだ。 ──JUNZO(『人生ドラクエ化マニュアル』より) 特に…

どうせ覚めるので。本当にしたいことっていうのをずっと見つめ続けて、悶々とし続けるのがいい人生を送るコツなんじゃないかなぁと思います。

本当にしたいことは何で、それに向かってまっすぐ近づいてるのかっていうのを考えると、より悶々とできるので。その悶々を忘れないほうがいいかなって。で、こういうところに来る熱っていうのはだいたい3日で冷めます。(中略)こんなのはただの即効性のある…

ベストの選択肢などは、存在しないのです。大義名分をよそで探す代わりに、足元で合理的理由を探すべきです。

困難な選択において、自分自身で基準を確立できない人は漂流者です。思い当たる人はいますよね?(中略)困難な選択から学びうること、それは情熱を感じる物、自分が実際になれる物に感応し、困難な選択を乗り越え、そのような人物になりなさいということで…

そのときがくれば自分もちゃんと花開くのだと信じましょう。

夢のために具体的に行動していると、他の人のことは気にならなくなって気持ちが落ち着きます。(中略)自分がめざしていることを思い出し、小さくても具体的な行動に意識をむけることで、ブレることなく自分の道を進むことができます。 ──コボリジュンコ(『…

道に迷いそうになったときも、「人生の北極星」があれば後悔のない選択ができるようになります。

「こういうことをやりたい」「こうなりたい」という自分の意志がなければ、周りの人の意見や状況に流されてしまいます。最終的に目指すところが定まっていなければ、間違った方向に努力してしまうことにもなります。 今やっていること、これからやろうとする…

永遠に生きるように夢見て、明日死んでもいいように生きる

前半の部分は、夢は大きければ大きいほどいい、たくさんあればあるほどいい、永遠に生きても尽きないほどの夢を持って生きようという意味。 後半部分は、明日死んでもいいように今日を全力で生きようという意味です。刹那的にその日暮らしになってはいけませ…

自分の気持ちが人生を決めるのだと思う。

何事も「自分には無理だ」とは思わないようにしている。いつかどこかで、なんらかの形でそれに通じる機会を与えていただけることがあるかもしれない。だからこそ、そのときにチャンスをつかめるように、日々、愚直に仕事に取り組もうと思っている。 人生は、…

これもひとつの夢かもしれない。

これもひとつの夢かもしれない。キリコを担ぎながら、まれはそう思っておりました。みんなで何かをしたいと心から願い、熱くなって、夢中になって突っ走る。そういう熱い想いが夢なのかもしれない。そう思っておりました。 ──津村希(「まれ」12話より) 失…

もしも明日から一生お金に困らないとしたら何する?

自分の本当に好きな事とかを知る上で、大真面目に「もしも一生お金に困らないなら」っていう事を考えてみるのは良い事だと思う ──✩←ヒトデ (id:hitode99)(「今日はヒトデ祭りだぞ!」より) やりたいこととか夢とかって、日々を忙しく暮らしていたら、中々…

成長意欲は諦めた。いつまでも思い悩んで、ネガティブな感情を引きずったりしない。

妥協は心の自衛策なんだよ。理想ややりがいが無い人間には、無い人間なりの要領ってものがあるの。そんで妥協して選んだ仕事の中から棚ボタ的に、やりがいとか夢とかを見つけたり、自分を成長させたいと思えるところを見つけることができたなら儲け物だろ? …

挫折したり、道に迷ったりしたら、「思い切り逆サイドに振り切る」のは一つの方法かなと思っています。

「これだ!」と信じて本気で打ち込めば、たとえそれが方向違いだったり、失敗に終わったとしても、本気で取り組んだ経験は自分の中に価値として残ります。複数の打った点が、それぞれ全く別方向に見えても、その経験は振り子のように真ん中に戻ってきて、将…

研究者にとって一番大事なことは、“人の言うことを聞かないこと”ですからね。

研究者にとって一番大事なことは、“人の言うことを聞かないこと”ですからね。人のマネなんかしていても、大したことはできません。僕の周りで成功している人は、そんな人ばっかりですよ。 それから、自分の中の疑問を大事にすること。適当に折り合いをつけて…

好奇心の破片から情熱はやって来るものです。

「なぜ?」「どうして?」「もっと知りたい」と好奇心を持ち続けること。これこそが情熱を燃やすためのテクニックです。 情熱を燃やす「何か」を見つけられない人は、「何か」が目前で通過しているだけ。たとえ同じ出会いであっても、好奇心の乏しい人には情…

やる前から諦めちまったら終わりだが、 諦めなきゃ、少しは前に進める。

そうだな。やる前から諦めちまったら終わりだが、諦めなきゃ、少しは前に進める。 踏んだら進むチャリと同じだ。まっすぐ前だけ見て踏んでいけ 踏んでおけば、昨日よりは先に進む。多少はマシな明日が待ってんだ。覚えとけ ──黒崎蘭丸(PSPゲーム「うたの☆プ…

失敗は避けて通れない。つまり成功率100%という数字は、「新しいことを一切していない」ことを示しているわけだ。

戦略論で有名なコロンビア大学ビジネススクール教授、リタ・ギュンター・マグレイスは述べている。競争優位の短命化が進む昨今、企業は自社の標準的なプロセスにイノベーションを組み込まなければ成功できない。しかしいかなるイノベーションにも、新しい物…

チャンスが来たときは即答するぞ!

欲しい物を分かっていないと欲しい物は手に入らない。そんな内容の村上龍さんの文章が印象に残っていたので、チャンスが来たときは即答するぞ! と妄想していました。 ──益田ミリ(『公募ガイド2015/3月号』より) 知り合いの編集長経由で出会った編集長。『…

基礎基本は、ときに退屈だったり地道な繰り返しが必要。2-3日で身に付くようなものを基礎基本とは呼びません。

基礎基本を習得するとは、無意識でも同じ判断・行動・動作が出来る状態を指します。あれこれと理由をつけて反復を怠っているようでは、何年たっても習得できるわけがありません。無意識に落とし込むのは、そんなに甘いモノじゃない。精神論ですが、つべこべ…

「好きなことで生きていく」というのは、そんな超人たちと同じ舞台に立つということに等しい。それには、それ相応の覚悟と準備がいるものなのである。

それでも「好き」なことで生きていきたいと思うなら、まずは健康に気をつけて、規則正しい生活と体に良い食事を心がけて欲しい。そんなものを気にしなくても「好き」に一直線でいられる人は、そもそもが超人なのである。「好きなことで生きていく」というの…

“思いつき”をカタチにするために必要なものは?  “即断速攻”と“具体的に始めること”。

“即断速攻”と“具体的に始めること”。この2つが軸です。その時、やれることをやっていくイメージ。目の前のやるべきアクションは明確に見えていることが多いです。 たとえば本の中で気になる人が出てきたら、その人の講演会を調べて連絡をする。そういう小さ…

「実績がないから、まだはやい」「経験が必要だから、まだはやい」「こんな歳だから、もうおそい」「家庭があるから、もうおそい」なんて、クソ食らえってもんです!

これは生まれてから最初の25年間、私自身がずっと口癖にしていたことなので余計に腹がたちます。「夢を1つに絞るのはまだはやい」「音楽学校にいくのはまだはやい」「バンド中心に生活するのはまだはやい」「20歳も過ぎたからもうおそい」「会社員だからも…

「鼻に豆!」もいいじゃないか。

現代の冒険はなかなか難しい。 用意周到に過ぎると冒険じゃないと言われるし、リスクに挑戦して遭難でもしたら無謀と言われる。 どっちにしたって、「鼻に豆!」と言われる危険があるのだ。 (中略) まあ、良い歳の大人で、どうやら世間的には「おじいちゃ…

「可能性の広がるぼく」は いつしかぼくを苦しめます。

ぼくらは、この時代で、生まれた瞬間に権利というプレゼントが与えられる。 (中略) 権利は「ぼくは〜することができる」を増やす。 (中略) ぼくらは選ばなければいけない。強制するかもしれない。けどそうして、初めて自由は見えてくる。生き方が見えて…

心がちょっとでも動いたことはとりあえず「全部」やってみて、その後に行き先を決めました。

人生の岐路に迷った時は必ず一人になって心の声に耳を傾け、「人からほめられる」ではなく「人に誇れる」、あるいは「この道なら後で失敗しても後悔しない」方を選んできました。もちろん、限られた時間の中で優先順位はつけますが、心がちょっとでも動いた…