読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

思い込みを日々持ち続けることで、それは自分の中に意志として育っていきます。

欲をもつことで、人はそれを実現させたいと考えるようになります。その第一歩こそが、自分がその欲を満たすことができると思い込むことなのではないかと思います。 (中略) 思い込みを日々持ち続けることで、それは自分の中に意志として育っていきます。それ…

現在は大変化の時代だ。そして変化はチャンスだ。

最後に、こうした3つの幸せが居心地がいいのも事実だ。 適当に働いて、適当に頑張っていれば、それなりに幸せに暮らせる。 3つの幸せ過ぎる環境を噛みしめて、どう生きるかは結局私達次第なのだ。 ──鈴木 勇貴(「ハフィントンポスト日本版」より) 著者が…

だって、辞めるのはいつだってできるから

やると決めたら、とことんやる。背中を押してくれた人、チャンスを作ってくれた人、応援してくれる人……。そんな傘を貸してくれた人たちを裏切らないためには、途中で放り出したり、適当にやっちゃダメ。期待したような結果が出なくとも、ちゃんとちゃんと一…

「僕は1人でも高いところから飛び込むぞ」という人が今の日本には必要ですね。

「僕は1人でも高いところから飛び込むぞ」という人が今の日本には必要ですね。日本には一番上から飛び込める才能のある人がたくさんいるのに残念ですね。先ほども申しましたが、日本人は、もともと知性と教養、進取の気性に富んだ国民です。国や社会が応援…

問題を周りのせいにしてもしかたがない。自分の人生は自分で築こう。

どんな問題や困難でも、大切なのはそれを変えることができると信じることだ。問題を周りのせいにして、自分にはどうすることもできないと感じているのなら、自分には変化を起こす力があると信じるところから始めなければならない。 ──ジム・ドノヴァン(「誠…

「仕事」を「遊び」にする方法を考えろ。仕事をな、いまから死ぬまでずっと続けていたいと思える「遊び」にするんだ!

私が失敗した原因は、我慢した先に報いがあると思っていたことです。だから好きなことがあってもそれを我慢して、他人が求めてそうな手近なことをやろうとしたのです。我慢した分だけ得られるものがあると勘違いしていたからです。実際には正しい方向は逆で…

人生の明暗を分けるのは知能でも才能でもありません。「自信」です。

もし十分な潜在能力を持っている人たちが、「根拠のない不安」ゆえに本来の力を発揮できないのだとしたら、それは本当にもったいないことだと思います。そして、そんな例はそこら中に転がっているのです。人生の明暗を分けるのは知能でも才能でもありません…

自分の中に潜む、価値観や生きる力。だからこそ、直感には漠然とした確信を持てる。

「経験してきた過去に脳が一瞬で検索をかけ、その場に適した最もよいであろう選択」である直感は、この「思い出せない記憶の箱」が開いた瞬間なんじゃないだろうか。 ──河合 薫(「日経ビジネスオンライン」より) 人間の記憶、そのすべては忘れ去られること…

ゼロからグローバル企業を創りあげるには、やはり妄想とか夢想は必要だと思う。

このような妄想とか夢想というものは、比較的男性のほうが得意というか、男性的な特性かと思う。女性はもっと現実的なのだ。しかし、ゼロからグローバル企業を創りあげるには、やはり妄想とか夢想は必要だと思う。その有無が、女性がいまだに世界的な大企業…