読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

『心を鎮め、自分が神であると知れ』

自分にはどんなことでもできる。自分の運命の支配者になったときから、不可能はなくなる、というわけだ。 ──ミリオネア(『成功の掟』より) 9ヶ月ぶりぐらいに筆をとりました──実際には、パソコン開いてキーボード叩いてますが(笑) なんとなく作ってた体…

やらなくて後悔するのが一番もったいないのでやりたい事があったらぜひチャレンジしてみてください!

沢山成功するには沢山失敗するもんにゃ! マイナスな事考える前にレッツゴーにゃ! ──鈴尾粥(「comico」猫嫌いの家に生まれた猫好きが猫と暮らす絵日記 コラボイラストリレー第1弾より) あのときもっとああしていれば、なんて後悔はどれだけ歳を重ねても…

実際に辞めて追い込まれてみなければ、出会うことができないものがあるということだ。

僕の場合、もし、食えるという確信ができるネタをつかむまで会社を辞めないでおこうと決めていたら、会社を辞めることはできなかったかもしれない。 (中略) 会社員でいながら独立できるネタを見つけ、最低のリスクでうまく独立できた人もいれば、先にそう…

ヒトの経験則として何かに3年打ち込めば、何らかの技能や技術が身に着くと言われている。それからゆっくり考えればいい。

職場と相性が良ければそのままずっと働き続ければいいし、どうしても職場に合わないと思ったら転職すればいい。必ずしも置かれた場所で咲く必要はない。置かれた場所で咲ければいいが、咲けなければ、自分が咲けるような場所を新たに見つければいいだけの話…

生半可な気持ちではプロフェッショナルになれない時代に突入しているのです。

誰もがプロフェッショナルと認めるような水準の人とプロジェクトを共にすると、「何としてもこの仕事をやり遂げたい」という気持ちの強さに驚かされます。それは一種の狂気をはらんでいると言っても過言ではないほどです。やはり、生半可な気持ちではプロフ…

相手のためというのは、ボランティアではない。  相手のことを思って作る何かは、必ずキミさえも幸せにする。

人は自分のためなら、適当な結論やラクな方法で済まそうとする。 しかし、大切な人のためなら面倒でも結果にこだわろうとする。 カップ麺とハンバーグが違うように、その先にある成果物が変わってくるのだ。 そして、成果物は相手のためだけにあるのではない…

キミが成功する人を目指すなら、常に自分以外の人間を師と思わなければならない。

相手が例え子どもであっても、後輩であっても、キミが本物であれば必ず学びは訪れる。 だから、僕は常にこの言葉を意識する。 「学び手が本物であれば、師はどこからでもやってくる」 ──加地太祐(「ダイヤモンド・オンライン」より) 人間は十人十色。会う…

断言してもいいけど、いま日本国内では内戦が起きていると言えますよ。

どういうことかというと、“がんばって行動する人たち”と“しないヤツら”の内戦。“何かに情熱を傾ける人たち”と“それをバカにするヤツら”の内戦。インターネットが普及して以降、ここ10年くらいに起こった日本の衰退は、“ヤツら”のほうに耳を傾けすぎてしまっ…

笑える者が強くなる

死んでしまいたいほど悲しい時。何もかも捨てて逃げ出したいほど苦しい時。光の見えぬ絶望の時。その中ですら、笑える者が強くなる ──アトロ・スパイカー(『六花の勇者』より) 主人公アドレットの師匠アトロの言葉。アドレットの回想より。自分が仲間を騙…

人は、自分で決めたことができなかったときに、「あー、ダメだな」と自分にダメ出しをします。

逆に、自分で決めたことをきっちり守れているときには、自分にOKが出せるのです。人は毎日、自分に対して多くの自己評価をしています。この評価が、自分へのダメ出しなのか、自分にOKを出せているのかで自信の強度は変わってくるのです。 ──古川武士(『人生…

成功の意味はひとつではない。

人生になにを求めるか、社会になにを求めるか、個人としてなにを求めるかで変わってくる。 ──わたし(『月と六ペンス』より) ストリックランド最後の地、タヒチに渡った「わたし」が現地の女に語った話。医師会で順当にエリートコースを進んでいたエイブラ…

仕事でもスポーツでも、うまくいっていないときは、自分の色が出せていないんです。

私は“コーラ作戦”といっているんですが、思っていることがあったら、心のふたを開けて、プシューっと一気に表に出す。そうすることで、周りはあなたの長所や強みをわかってくれるんです。自分に合ったポジションに付くこともできる。そうすれば自分の持ち味…