読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

僕は自分がとりあえず牡蠣ではなくて、小説家であることを喜ぶ。

油で揚げられてキャベツの横に寝かされていないことを喜ぶ。自分がとりあえず輪廻転生を信じていないことをも喜ぶ。だって自分がこの次は牡蠣になるかもしれないなんて、考えたくないもの。 ──村上春樹(『村上春樹 雑文集』「自己とは何か(あるいはおいし…

「こうあるべき」と思っていた枠から離れてみることも必要なのかもしれません。

「こうあるべき」と思っていた枠から離れてみることも必要なのかもしれません。 ──(「ログミー」より) 記事内でも触れられてますが、去年は騒がれましたね、山本耕史さんと堀北真希さんの交際ゼロ日結婚。報道された当初あんなに騒がれたのは、やっぱり交…

身近にあるなんでもない物、風景、同じものであっても、別の人の視点、見方を変えれば全く違って見える。

それを気付かせることができるのが写真ではないだろうかと思う。もちろん見たことのない絶景や行くことのできない場所、状況、表情なんかを写すという役割もあるんだけど、それとは別に、他人の視点、自分にはない視点で見たものをオリジナルに近い形で再現…

お金があることで、自分がやりたいことの選択肢が増えます。

でも、何を選んで決めるかは自分であり、お金はあくまでもそのツールなんです。大事なお金を使うなら、自分の心を満たすものに目を向けてほしいですね ──安田まゆみ(『PRESIDENT WOMAN 2016年01月号』特集「女の一生お金のバイブル」より) お金って本当に…

「金のことを考えなくて済むのが金持ちでいる最大のメリット」という逆説的な見方があるが、これは金に限った話じゃないよなあと思う。

健康、能力、美貌、人生経験、それらが与えてくれる恩恵はもちろん素晴らしいものだが、僕は何より「それらについていちいち思い悩まずに済む状態」に価値を感じる。 ──三秋 縋(Twitterより) 悩むのは持たざるものだから。 そう思うと切なくなるけれど、自…

綱渡りみたいな人生だけど、私の強みは何も持たなかったこと。

資格や知恵もなくて、私にできることを考えたら、枠を狭めたかもしれない。でも、知らないことでもできるんじゃないかと思えたら、とりあえず飛び込んでみる。ダメなら違うことを考えればいいと開き直ったら、意外に道は開けていくんですね ──立花香織(『PR…

後の別れを気に病んでその時その時の幸せを捨ててしまうのはもったいないのかもしれませんね

後の別れを気に病んでその時その時の幸せを捨ててしまうのはもったいないのかもしれませんね ──日代千鶴(「comico ReLIFE 107話」より) 入社後すぐに会社を退職し、ニート生活を送っていた主人公が、とある実験により薬で高校生になって、人生をやり直す物…

積極的に欠陥部分をあきらかにしていくスタッフこそが必要なのだ。

スタッフを責めたりすれば、問題が再発しても彼らの協力は得られなくなり、発見が遅れるだろう。問題を引き起こしているプロセスの欠陥部分を早期に改善するチャンスは失われてしまう。 ──(『リッツ・カールトン 超一流サービスの教科書』より) 失敗はした…

『決死の覚悟』と『死を覚悟する』のは、似ているようでまるで違う。

「──お前、死ぬ覚悟はあるか?」 社の声のトーンが変わる。(中略)「ありません」 はっきりと答える。それは、ヤドカリ自身の答えでもあった。『決死の覚悟』と『死を覚悟する』のは、似ているようでまるで違う。ヤドカリは一度死んでいるからこそ分かる。…

あってはならない。ありえない。それは思考の停止だ。

──あってはならない。ありえない。それは思考の停止だ。思いこむな。自分で見るものを信じろ。坊や。 ──ヨハンナ・ファウスト(『フラウ・ファウスト(2)』より) 聖堂の主教が悪魔に関わっている。そんなゴシップを「ありえない」と一蹴した異端審問官のロレ…

とりあえず──このままにしておこう

「とりあえず」と保留できることは、もしかしたらなによりの幸せなのかもしれない、ぼんやりとそう感じた。 ──高砂(『いでおろーぐ! (2) 』より) 色々問題は山積みなクライマックスでの主人公の言葉。 とりあえず保留。なんて甘美な響き。 現実問題、とり…

季節は巡る──色々なものが、巡っていく

地球は一日に一回転、自転している。さらに地球は、太陽の周りを一年かけて一周する。そしてこの太陽系も、天の川銀河の端の方で、中心の周りに回転している。光の速さのおよそ0.1パーセント。ものすごいスピードだ。だが我々は、こうして立っていても、その…

自分は幸せだと思った。

いま、自分がどれだけの苦境に身を置いているのだとしても。自分には、振り返ればそれだけで糧となる、確かな毎日の記憶があるのだから。 ──百枝天馬(『東京レイヴンズEX3』より) 塾の三年生になっての入学式。平穏だった過去を振り返りながら。 幸せな記…

その常識は誰かが作った言い訳だ

限界というスタートラインに立て昨日より1ミリでも前へその常識は誰かが作った言い訳だ本当の希望はみんなが諦めた場所にある考えて、考えて考えて、想像以上の答えを見つけ出せ命のためにできることすべてを ──(「大日本住友製薬CM」より) タイトルにし…

己を認め、他者を認め、しかしそれを強制するな

自分が信じている神様も、相手が信じる神様も等しく認める。認めた上で相互理解を深めなさい。間違っても自分の神様を押し付けたり、他人の神様を貶めたりしない様に。勿論、細かい教則は幾つかあるけど……要約するとウーズ教はこの教義だけなの。異教の神様…

結果を出せないリーダーは降格して、再起を期してもらう。悔しさをバネにがんばれば、必ず実力はつきます。

むしろ、中途半端にその人の立場を守れば、かえって彼らが努力するきっかけを奪うことになってしまう。その結果、その人が成長できないばかりか、ダメなプロジェクトを温存することで会社に損害を与えてしまう。最悪の場合には、会社を危機に追いやってしま…

恥ずかしいのは、おかしなことを言って笑われることではなく、何も口に出せないヤツと思われること

僕は、ものをつくる仕事は、思いをぶつけ、意見を正直に表明することに存在意義がある、と考えていました。黙っていたら、話にならない。存在理由として耐えられない。何も発言できなかったら、退場しなくてはいけない。そう思っていました。 ──佐藤可士和(…

何も持っていない人間には、一つだけ強みがある。

何も持っていない人間には、一つだけ強みがある。失って困るものがないのだ。大切なものが一つあるだけで、人は常にそれを失う恐怖に苛まれるようになる。 ──深町陽介(『君が電話をかけていた場所』より) 主人公の深町の言葉。元々顔にひどい痣があって、…

悪しき状態が行動に大きく影響を及ぼし、悪い結果につながっていく。これが世間一般で言われている「因果応報」のメカニズムです。

小学校の「道徳の授業」ような話になってしまいますが……あるべき方向に力を行使することで初めて人間は本来の力を発揮できるのです。そもそも考えてもみてください。「後ろめたさ」を頭の片隅に感じながら、あなたは全力疾走できますか?頭のどこかでブレー…

野球にも原理原則があり、その原理原則を理解して実践すれば確実に結果を出すことができます。

この原理原則を理解していない人は、今日はたまたまホームランが打てたけれども、明日はまた打てなくなる、ということが起きるのです。原理原則を知り、それを忠実に守ることは、野球であれ仕事であれ大切なことだと思います。 ──川田 達男(「プレジデント…

松本さんが口癖にしているのが、「いったんやる」だ。

時には「ドン・キホーテのように無謀だ」などと思われるかもしれない。それでも勇気を持って先陣を切る姿勢を続けることで、「ゴールまでの道筋を切り開いてくれる」と周囲の関係者の尊敬を集めるようになる。 ──(「ITPro」より) いったんやる、苦手なんだ…

ストイックな人は、今後の展望の為に目先の快楽を犠牲にします。

快楽主義者は今を生きています。消費者です。「人生は一度きり」が合言葉です。その部屋の中に誰も負け犬はいないと思ったら、あなたが負け犬なのだ、という言い回しがあります。負け犬になってはなりません。 ──Tai Lopez(「ログミー」より) 自分は刹那主…

慢心は怪我の元。戦場では油断した奴から駄目になる。

かわいい嫁と気のいい部下たち、それに美味い飯と酒。 こんな日々がずっと続けばいい。面倒事は真っ平ごめんだ。 そんなことを考えていると、不意に古傷が痛んだ。 慢心は怪我の元。戦場では油断した奴から駄目になる。 ただ、それでも今はこの幸せをもう少…

必要なときに必要な態度が取る。適切な態度を取る。

それができない、したくないというのであれば、その状況を甘んじて受け入れるしかない。そもそもそんな状況が間違っている、と思うのであれば、どうぞご自由に世界を変える努力をしてください。でもその前に、目の前に簡単に避ける手段が転がっているのだか…

皆さんが世界の「面白さ」を見つける番です。

読者にこの世界が決して不毛の荒野ではなく、可能性に満ちた豊かな沃野であることを伝えられたなら、本書の目的は達せられました。その意味で、本書は私から読者の皆さんへの「メッセージ」です。今度は、皆さんが世界の「面白さ」を見つける番です。それは…

人生、何もかもうまくいく、ということはそうそうない

人生、何もかもうまくいく、ということはそうそうない ──ミック(『達人に学ぶ SQL徹底指南書』より) SQLの世界でもだなんて、とついつい目がいってしまった。 本の内容は、初心者はあまり使わない(使いこなせない)機能の使い方を簡単な説明と実例、その…

超つらいけど、超楽しい!

仕事をしていて本当につらいときもあると思います。先ほど話した店舗立て直しもそうですが、うまくいかないときは「超つらい」んです。だけど、自分の行動や誰かのちょっとした一言で「超楽しい」に変わる瞬間が必ずあります。それを体感するまでは、目の前…

何もしなくても、無駄な1日になってしまうわけじゃないんだ。

ああ、さっきの朝食の時間、最高に幸せだったんだ。今日、もし、予定していたことができなくても。たとえ、小説が完成せず、作家になる夢も、発売する本がベストセラーにならなくても、ビジネスがとても大きくならなくても。これ以上の幸せなんかない。すで…

「あなた」は世界と無関係で隔絶された存在なのではなく、世界とつながっていて、だからこそ責任も権利も自由も義務も可能性もちゃんとあるのだ、と言いたいのです。

「あなた」は世界と無関係で隔絶された存在なのではなく、世界とつながっていて、だからこそ責任も権利も自由も義務も可能性もちゃんとあるのだ、と言いたいのです。 ──山崎恵人(『GIGAZINE 未来への暴言』より) インターネットがあれば、世界と繋がれる。…

チャンスを遠ざけるあいうえお

チャンスを遠ざけてしまう“あいうえお”について紹介してきましたが、こういう思いの時に出てくる言葉が 「だって」 「でも」 「どうせ」 という言葉です。(中略)「だって・でも・どうせ」という言葉を口にした瞬間、それはチャンスだと思ってください。「…

“諦める”という気持ちがあるってことは、それだけ私は行きたいってことなのだと気づきました。

運悪く当日は高校の三者面談や他にも用事があって、今回は諦めるしかないかと思ったのですが、“諦める”という気持ちがあるってことは、それだけ私は行きたいってことなのだと気づきました。緊張で何も話せないかもなんて思っていたのに、自ずと答えは出てい…

今自分がやることが必要なんじゃないかな、そんな「思い込み」でずっと洗脳して来る形でやってきました。

ネガティブに考えるくらいだったら「自分がこの問題を解決するんだ」。たとえば、ゴミ問題とかでも何でも、指差して、なんか当たった問題とかでもいいと思うんですね。 指差して当たっただけでも、それは運命なんで。それが自分の使命だって勝手に思い込んで…

自分自身でいること、自分に正直でいることこそ自由なのです。

心の底から信じています。そうすれば変化が訪れるのです。女性、男性、同性愛者、そうでない人、障害者、完璧な人、普通の人、全ての人が自分自身でいるべきです。誰にも透明人間になってほしくないのです。 だからレッテルを貼ったり、限界を定めるのはやめ…

なめない、慣れない、手を抜かない

なめない、慣れない、手を抜かない ──窪田正孝(「しゃべくり007」2015/06/15放送回より) 窪田正孝さんゲスト回で見てたら、なんていい言葉。 お父さんに言われてた言葉らしい。シンプルで胸に響く。 始めた当初は、緊張感持って取り組むんだけれど、時間が…

「そもそも、これは何なのか?」

僕は常に、この問いかけを大切にしています。「そもそも、これは何なのか?」。ややもすれば、“専門家”がバカにしがちな素朴な問いかけですが、この問いかけこそが、僕をものごとの本質に立ち返らせてくれるのです。 ──森川亮(「ダイヤモンド・オンライン」…

どんどんと自分を出してみてください。すると、意外と気分の上がる場にそれは変わるんです。

私がしたみたいにそこにいる人たちに自分がやりたいことや、夢中になっていること、得意なことっていうのをどんどんと発信するんです。 すると、そこにいる人たちは共感をしてくれたり、応援してくれたり、そういう人たちがどんどんと増えていきます。 (中…

僕、日本人って「ちょっとしたイノベーション」を見過ごして、「ものすごく大きなイノベーションを起こさないといけない」と考えている気がするんですよ。

もちろん、技術的なイノベーションが起きれば、階段を登るように大きく飛躍することもありますよ。けれど、大きな段差を登るのは面倒くさい、というユーザーもいます。これからは、UberやLINE TAXIのように、なだらかな坂道を自然にすーっと上るようなイ…

できないときは、できないんじゃなくて「したくない」んだと思います。

最初の一歩を踏み出すために、ぼくはカウンセリングでは「とりあえず1週間やってみませんか」という言い方をします。それでうまくいかなかったら、また違う策を授けます、とね。 ──岸見一郎(「ダイヤモンド・オンライン」より) できないんじゃなくて「した…

「いま自分の目の前にいる人に、少しだけ自分の持ち時間を提供する」

相手のために自分の時間を提供し、尽くすことを億劫がらないのが、好かれる人の特徴だ。だからといって、彼女たちは見返りを期待しているわけではない。ギブ&テイクどころか、ギブ&ギブなのだ。だがある時点で必ず、いままでギブしてきたことの10倍くらい…

悩むとは、なんとなく「あれも大事、これも大事」と迷っていること。

結局、人間が一度にできることはひとつだけ。結果を出すためには、ひとつのことに全力を集中させなければなりません。だから、悩んでいてはダメだと思うのです。 大切なのは「考える」こと。人が悩むのは、「表面的な価値」に惑わされているからです。だから…

覚悟を決めな。これがあんたの選んだ道さ。

剣でもなく、金でもなく、言葉なんて曖昧なものを武器にしたんだ。気持ちまで曖昧になったら、生きている意味なんてないよ ──カズラ(『レトリカ・クロニクル 嘘つき話術士と狐の師匠』より) 狼の部族の族長とともに部族の村に来た主人公シンと師匠のカズラ…

「ひとり」って星みたいだと思わない?

「ひとり」って星みたいだと思わない?星って大きさも温度もばらばらだし隣り合ってるように見える星だってほんとはすごく離れてるから孤独っちゃあ孤独でしょ?でも「星座」っていうチームの一員でもあるそれぞれの光が集まると新しい意味を見いだしてくれ…

あれもしたいこれもしたいと足していくと、 余計なことがどんどん付け足されて、結局何がしたかったのか分からなくなったりもする

アイディアなんかだとそれはよくあることで。ぼくはそれを「アイディア太り」って言うんですけど。 そういうときに「それいるの?」という疑問を投げかけるのはとても大切で、やっていくうちにいろんなものを両脇に抱え始めて、無我夢中になって熱くなる自分…

ニューロロジカルレベルを下げて捉えれば随分と違います。

あなたがうまくいかないことを「行動・戦略」や「学習できるスキル」の次元(ニューロロジカルレベル1~3)で、その問題点と解決策を考えてみてください。心理的なダメージは減少し、前向きに行動する意欲が湧いてくるでしょう。 ──古川武士(「プレジデント…

幸運の女神は細部に宿る

あなたも思わぬ「サイレントよいしょ」で損をしてないだろうか。チャンスの神様は、成功のほんの一歩手前で「ていねいに、ていねいに」とつぶやきながらあなたの成功を祈っている。気づくことで、あなたも私も、変わることができると信じたい。 ──ひきたよし…

目ぇから溢れる想いがつまらんもののはずない

涙はつまらんもんやおへん目ぇから溢れる想いがつまらんもののはずない ──辰路(大河ドラマ「花燃ゆ」第20話より) 時は幕末。国を上げて攘夷を行う(外国を打ち払う)ために朝廷を動かそうとも、中々思い通りにいかず、涙を流す久坂玄瑞に対する京の芸子の…

今日の今、この瞬間の目前の敵との闘いを楽しむこと!

将来の不安や過去の失敗に囚われ、身動きできなくなることを防ぐためにも、今日の今、この瞬間だけに意識を集中させ、目前の敵との闘いを楽しむこと! 人生は「今」の連続なのだから、「今日の今、この瞬間」を楽しんでいれば、必然的に人生は楽しいものとな…

「その手があったか」っていう一言が必ず心に浮かぶんですよ。

人はすごい優れたアイディアに出会ったときに必ずある一言が心に浮かぶんです。 その一言っていうのはなんなのかっていうと「その手があったか」っていう一言が必ず心に浮かぶんですよ。 「なんでそれに気付かなかったんだろう」って。同じものを見ていたの…

今の枠組みが合わないのであれば、新しい枠組みに入り込むという手段もある。

既にある枠組みというのは、おそらく枠組みから外れた人をなんらかの形で拾う仕組みだって存在する。枠組み内で大成できなかったとしても、列記とした枠組みの中で培われた経験が関連業務で評価されることだって多い。枠組みの中にさえいれば安心、というの…

1回頭を空っぽにして、別に焦らずにあえて何もしない期間を受け入れたほうがいいと思います。

コップに水が溜まったり、水が空っぽになる話と一緒だと思っています。水が空っぽになった時に無理しても空回りしちゃうので、水が溜まるまで、その時はじっくり待つのがお勧めです。 水が溜まってきたら、もうエネルギーは充分なので、人と会いたい、何かや…