いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

自分

自分の経験とは、実は自分の頭の中に記憶されているだけではなく、社会の中で多くの関係者の頭の中に記憶されているものだ

考えれば当然のことで、自分の記憶容量には限界があり、自分について全てを覚えることはできない。しかし、自分を取り巻く無数の周りの人間の記憶容量を合わせればかなりの量になり、自分では記憶できないこともたくさん記憶している可能性がある。 (中略)…

ホクロにこだわる自分自身が奇妙にも思えた

四〇年のつきあいがなければ、そのホクロを取ることには全く抵抗を感じないという確信があるにもかかわらず、なぜか、四〇年の年月にこだわっている。(中略)過去の自分にすがる気持ちなどはないと思っていたはずだが、このホクロをきっかけにまだ多少なり…

我々は自分の人格を自分で選択して形成していると言えるのではないだろうか

人格とは、経験を通して形成されると言われる。しかし、もう一歩踏み込めば、その経験はどれほどの根拠があるかは別として、多くの場合は自分で選択しているのである。そして、おそらくは意識して選択している者の方が、自己に対する認識も高まる気がする。…

我々人間は他人を通してしか、本当の自分を知ることができない

ゆえに、社会的である必要がある。人間やそして多くの動物が社会を形成するのは、この自己を正確に認識しようとするがゆえなのかもしれない。 ──石黒浩(『どうすれば「人」を創れるか: アンドロイドになった私』より) 鏡の中に映る自分は、他人から見られ…

パリという街では「十人十色」どころか、生きている人の数だけいろんな生き方がある

パリには「婚活」なんて言葉もなければ、「婚活をしている」という人に出会ったこともありません。 この時まで「なにがなんでも結婚しなきゃ」と思っていた私は、こんな風に女性としての生き方の正解がひとつではなく、いくつもあることを目の当たりにして、…

他人に正解を求めるから……自分で考えて動いていないから、いざというときそんな風にみっともなく取り乱すんだ。

他人に正解を求めるから……自分で考えて動いていないから、いざというときそんな風にみっともなく取り乱すんだ。 ──宮地磐夫(『東京レイヴンズ (14)』より) 裏切り者の上司から部下への台詞ってところですかね、まとめると。 自分の意志で動くって難しい。…

だから、まずは自分を認めてあげたいです 自分には価値があるんだと、認めていきたいです

何よりも自分を下にする事を止めないといけません。自分が勝手に下に居る限り、対等にはならないからです 自分に価値を与えなければなりません (中略) 勝手に自分を下にして、与えるだけでは、一生対等な関係にはなれません 理想に届きません ──✩←ヒトデ (…

【あなたの居場所】というのは、チンケな同類がうじゃうじゃ群れてるところじゃなくて【あなたが、一人っきりでいても淋しくない場所】ってことです。

【ちゃんとしてないオタク】ってのは、なにかにハマってることによって「自分を持ててる」わけじゃなく、たんに淋しくて、同じ話題で盛り上がれる仲間がほしかっただけ、自分より「濃くない」オタク相手にエラソーな顔がしたかっただけだったりするんです。…

「なぜモテたいのか」を考えることは【自分で自分の欲望のかたちを把握する】ということで、これはひじょうに大切だからです。

「自分はナニがしたいのか? ほんとうはナニが欲しいのか?」こそが「自分はナニモノなのか?」ってことであり、人間は、それをある程度自分で理解できてないと「相手との関係をどうしたらいいか」わからなくなって困ってしまうことがあるからです。 ──二村…

感じてはいけない「ダメな感情」なんて、ないんです。感情に良いも悪いもありません。

苦しい感情が湧いた時は、よけいな考えをめぐらせたり、自分を責めたり相手を責めたり、卑屈になったり自己正当化したりせず、ただ自分の感情を「感じきって」みてください。 原因や、未来・過去のことなどを考えず、ただ怒り、ただ悲しんでみてください。 ─…

「こうあるべき自分、こうありたい自分」を考えたときに、減点法でしか自分の姿を見ることができない

まじめな女性たちは「すべてをちゃんとやりたい。やらないといけない。できないのは、くやしい」とか「完璧にできない私は、何かが欠けている」と思いこんでいる。というか思いこまされているんです。 ──二村ヒトシ(『なぜあなたは「愛してくれない人」を好…

人間は、自分で自分をあつかっているようにしか、他人からもあつかわれないのです。

じつは、他人は「あなたが人には、しないこと」も、してくれているんです。 でも、心の穴を埋めようと必死な人は、「自分が他人に求めているようなこと」しか理解できないので、他人がしてくれる「あなたがしないようなこと」を、うけとれないし、してくれて…

穴は「ふさぐこと」はできないが、かたちを変えていくことはできる。

「人間は、変わることができる」と言う人もいます。 これは、心の穴を「ふさぐことはできないけれど、その存在に苦しめられないように、なることはできる。そして、あなたが苦しまなくなることで、周囲との関係も良い方向に変えていくことができる」というこ…

恋が「相手への欲望」であるのと同じように、ナルシシズムは「自分への欲望」です

ナルシシズムも必要なだけ持ちながら自己受容しているのが「生きていきやすい人」です。ナルシシズムが完全にゼロの人は「生きがい」がなくなってしまい、きっと生きていくことができません。 だからナルシシズムは、あるのは仕方がないし「あっても、いい」…

僕が欲しかったのは、そういう自分の居場所であった。

僕は大きなお金が欲しかったわけでも、輝かしい名誉が欲しかったわけでもなかった。たんに、ギリギリのところで自分が満足いく人生を送りたかったのだ。 自分が正しいと思うやり方で一生懸命に働き、それで日々に必要なお金をいただく、評価してくれるのは、…

胸騒ぎがしたら、引き返す勇気も持っていたい

僕は、幸いぎりぎりの土壇場で引き返した。あれほど精神的に追い込まれていたけれど、とどまる勇気を持てたのは幸運なことだったと思う。独立して大きな投資を決意するのは大変なプレッシャーだ。だが、つまらない見栄で棒に振ってしまいかねないのは、自分…

世の中は互いに迷惑をかけ合って成り立っているというのが事実ではないか。

何か、人と関わって物事を成そうとするのであれば、「いかに迷惑をかけないか」ということをずっと考えていても何もできない。「いかにして迷惑をかけるか」つまり、自分の都合である迷惑をどうやって相手に受け入れさせるかを考え、試行錯誤してうまくいけ…

会社側にないんですよね、彼女たちを受け入れられるだけのゆとりが

ウチの会社、私が入社したころも、決して景気がいいわけではありませんでしたが、今よりは幾分ゆとりがありました。(中略)それが今は、入社と同時に即戦力を求められてしまう。(中略)それって可哀相だと思いませんか? せっかくゆとりを持って育ってきた…

千紗には大人になったという実感が未だにない。

仕事もしているし、選挙にも行く。お酒も飲めるし、喫煙だって合法だ。それでも、昔思い描いていた姿よりも、今の自分はだいぶ幼いと感じてしまう。大人というよりは、子どもが必死に大人のフリをしているといった方が近い。 ──三春千紗(『チョコレート・コ…

目の前のことに追われるほど、本当に大切なことをする時間は失われていく。

僕は母さんにかける一本の電話よりも、目の前の着信履歴にかけ直すことで目いっぱいになっていた。本当に大切なことを後回しにして、目の前にあるさほど重要ではないことを優先して日々生きてきたのだ。 目の前のことに追われるほど、本当に大切なことをする…

あなたの個性とは、相対的なものではなく、絶対的なものなのですから。

いいですか、「人と違うこと」に価値を置くのではなく、「わたしであること」に価値を置くのです。それがほんとうの個性というものです。「わたしであること」を認めず、他者と自分を引き比べ、その「違い」ばかり際立たせようとするのは、他者を欺き、自分…

人間にとって孤立ほど恐ろしいものはありません。

孤立した人間は、身の安全が脅かされるにとどまらず、心の安全までも脅かされてしまう。ひとりでは生きていけないことを本能的に熟知しているのですから。ゆえにわれわれはいつも、他者との強固な「つながり」を希求し続けている。 ──哲人(『幸せになる勇気…

あえて過激な表現を用いるなら、変化することは「死そのもの」なのです。

哲人「われわれは、いつでも自己を決定できる存在である。あたらしい自分を選択できる存在である。にもかかわらず、なかなか自分を変えられない。変えたいと強く願いながらも、変えられない。いったいなぜなのか。……あなたのご意見はいかがですか?」青年「…

20年も30年も、時間はいらない。10年で十分。

現状に不満もあったとしても、悩む必要なんかない。今のあなたは、10年がかりでつくったもの。誰のせいでもない。不満ならば、これから10年かけて新しい自分をつくればいいじゃないですか。20年も30年も、時間はいらない。10年で十分。 ただし、こうなりたい…

猫がマナーを守らなくてよいということにはなりません。

猫が家を乗っ取ってくれていっしょに暮らしてくれるなんて、人間はなんて運がいいんでしょう。猫がどんなに人間のためになっているか、猫ならみんな知っています。でもそうだからといって、猫がマナーを守らなくてよいということにはなりません。このことは…

僕にわかるのは、我々には意識というものがあるという事実だけだ。

我々の意識は、我々の肉体の中にある。そして我々の肉体の外にはべつの世界がある。我々はそのような内なる意識と外なる世界の関係性の中に生きている。その関係性は往々にして、我々に哀しみや苦しみや混乱や分裂をもたらす。 でも、と僕は思う、結局のとこ…

同い年の集団の中にいるから、他人とのちょっとした違いに目が行く。

いつは背が高いとか、あの子はかわいいとか。あいつは頭がいいとか。あの子はイケてるとか……お互いを基準にして、差を探している。年齢は同じだから、年齢ではないところで、自分はあいつとどう違うのか、何が優れているのか、何が劣っているのかを探してし…

いつやってくるかわからない、不意の来客──運やチャンスって、そういうもの。

だからこそ、つねに運が入ってくるスペースを作っておかないと。 不平不満、怒りや嫉妬、恨みつらみ、恐れ、不安……そうしたネガティブな感情で、あなたという器を満たすことのないように。 ──Keiko(『「出会うべき人」に、まだ出会えていないあなたへ』より…

自分のすべてを受け入れることができない奴は──早死する

お前も名張さんも、呪いを解こうとしている。けどな、呪いを解いたって、まったく新しい自分になるわけではないんだ。それまでの自分を否定して笑い飛ばすことはできない。俺が一つ教えておいてやる。自分のすべてを受け入れることができない奴は──早死する …

今が幸せなら変化は怖いことだけれど、現状に満足していたら冒険家にはなれないわ

変わらないように見えて、あんたもあたしも、人も世界も、どんどん変わっていくものよ。今が幸せなら変化は怖いことだけれど、現状に満足していたら冒険家にはなれないわ ──タカ(『ひとつ海のパラスアテナ (3)』より) 昨日紹介した言葉と対になるような言…

世界の『変化』を受け入れるには、自身に『変化』が必要だ。

アキを取り巻く環境は日々変化している。ひとつ海には陸が浮かぼうとしている。現状に満足しているからこそ、人間は変化を恐れる。 そんな世界の『変化』を受け入れるには、自身に『変化』が必要だ。 ──アキ(『ひとつ海のパラスアテナ (3)』より) 大陸が海…

この島には変わった魚などいくらでもいる。珍しくもなんともない。

タヒチでは、現地人もヨーロッパ人も、ストリックランドを変種の魚のように思っていたのだ。だが、この島には変わった魚などいくらでもいる。珍しくもなんともない。世の中にはおかしな人間がたくさんいておかしなことをしている。そんなふうに思っているよ…

そのように、懐かしく温かいものを何より大事にするそなただからこそ、私はお前を信じた。

それでもよいではないか。振り払えず、二度とここに戻れなくなったとしても。そのように、懐かしく温かいものを何より大事にするそなただからこそ、私はお前を信じた。ここまでよう、真によう尽くしてくれました。 ──銀姫(「花燃ゆ 33話「花となるために」…

小さな徳を積むことも有効です。

例えば道に落ちている空き缶を拾って捨てる。お年寄りに席を譲る。エレベーターで他の人に先を譲る。楽しい会話の席で自分ばかりがしゃべらずに、周囲の話に相づちを打つ役割にまわる、など。自分よりも相手を大切にすると、共同体感覚は高まります。そして…

性格は死ぬ1~2日前まで変えられる。

自ら変わりたいと思い努力をすれば、ライフスタイルを変えることは十分に可能だ。性格は死ぬ1~2日前まで変えられる。 ──小倉広(『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』より) これってすごい救いの言葉だよね。 性格なんて、大人になっ…

理想の自分が頭の中にあって、その自分に近づけようとするんですよ。鏡に映っている自分を。

仕事しているときに鏡があったりとか、集中したいときに鏡があると、集中力が切れて、顔を上げると、怠けている自分が映るんですよ。 そうすると、自己認識して無意識にそれを直そうとするんです。「いけない」と。怠けている自分が映っていると。 「自分は…

理解とは「理性で解る」ということです。理性がないから面白さがわからないのです。

快と不快、好きと嫌い、こういう「感性」の部分だけで生きて、判断しているから、もっと面白いことが世界には満ち満ちているのに、それが目に入らないし、理解もできないわけです。理性がないと言ってもいいでしょう。理解とは「理性で解る」ということです…

自分自身でいること、自分に正直でいることこそ自由なのです。

心の底から信じています。そうすれば変化が訪れるのです。女性、男性、同性愛者、そうでない人、障害者、完璧な人、普通の人、全ての人が自分自身でいるべきです。誰にも透明人間になってほしくないのです。 だからレッテルを貼ったり、限界を定めるのはやめ…

そもそもネガティブな感情から回復できない人はいないのです。

「私はネガティブな性格である」と決めつけている限り、変化は起こしにくいのです。「私はネガティブな感情から回復する技術を身につける」と置き換えた瞬間にスキルの問題に変わります。 ──古川 武士(「プレジデント・オンライン」より) 1年も同じことに…

誰かの期待するロールを演じる必要もなくて、ルールだって、声をあげていくらでも変えていけばいいんだ、と思います。

空を飛ぶ魚や、海を泳ぐ鳥みたいに、多少ヘンテコでも、それが間違いなく自分なら、それでいいじゃん、しょうがないじゃん、と思ったら、世界が明るく開けたような気分になって、息苦しさが消えました。 ──はせ おやさい (id:hase0831)(「インターネットの…

すべての人間関係をうまくいかせるには、「その人は、その人である」という、そのことをまるごと受け入れることです。

自分のまわりにいる人を、「自分の思いどおりに、気に入るように変えたい」と思うから、人間関係はうまくいかなくなります。 すべての人間関係をうまくいかせるには、「その人は、その人である」という、そのことをまるごと受け入れることです。 目の前の人…

すべてが、あなたにちょうどいい。

すべてが、あなたにちょうどいい。 今のあなたに、今の夫がちょうどいい。 今のあなたに、今の妻がちょうどいい。 今のあなたに、今の親がちょうどいい。 今のあなたに、今の子どもがちょうどいい。 今のあなたに、今の兄弟がちょうどいい。 今のあなたに、…

自分は本当に怠惰なのか、それとも、やることが多すぎるのかを見定める

多くの活動的で生産的な人たちが、ただ自由時間にリラックスしたり、やるべきだが達成していないプロジェクトがあるというだけで、自分のことを「怠惰」だとみなしています。「忙しさ」崇拝の中で、楽しいことをするのは重大な罪だとみなされ、自分自身を、…

イノベーション人材は、(中略)後天的に方法論を学んで、マネジメントできるようになった人でしょうかね。

本来、創造的な思考というのは、人間の性質の根源的なもので、一握りの人にその方法論の学習を限定する理由はありません。社会が多様化・複雑化すると、課題も多様化・複雑化し、画一的な解決策が有効ではなくなります。そうすると、課題認識を持つ誰もがそ…

気持ちよくポジティブに、自分が望むことをはっきりと言う。相手の意見もちゃんと聞く。

気持ちよくポジティブに、自分が望むことをはっきりと言う。相手の意見もちゃんと聞く。そして、交渉決裂して感情的になるのではなく、少しでも前に進めるように調整する。自分だけで解決できない場合は、人の助けも借りる。女性の問題ほど、異性に相談する…

見た目の美しさも大事ですけど、それ以上に目に見えない心の部分もダイレクトに人に伝わってしまうんでしょうね。

内面の美しさや可愛らしさが外見をカバーするなんてことはありますからね。そうして様々な気づきから、見た目や体重への極度のこだわりが少しずつ外れていったんですね。 ──たちばなりょうこ(「日経ウーマンオンライン」より) 目に見えない心の部分。中身…

会社員も、自分を売ることをもっと考えないといけないですね。

自分のオリジナル、つまり、他人との違いをどのように売るか。会社員も、自分を売ることをもっと考えないといけないですね。どのタイミングで、何をどのように売るか。そのデザインをいかにするか。このようなことを考える力こそが、今、求められているのだ…

年齢は単なる数ではなく、自分が人生で経験してきたすべてのことを表す記念のバッジのようなものです

年齢をかさねることはとてもいいことだと思います。私は99歳かもしれないが、今でも毎日新しいことを学び、経験しています。学ぶことは決して終わりません。年齢は単なる数ではなく、自分が人生で経験してきたすべてのことを表す記念のバッジのようなもので…

仕事は人生の一部でしかありません。それ以外の時間も充実させることで、どこを切っても「あなた」というブレない存在をつくることができます。

仕事は人生の一部でしかありません。それ以外の時間も充実させることで、どこを切っても「あなた」というブレない存在をつくることができます。そうすることであなたの存在感は厚みを増すに違いありません。 仕事をしていないと自分に価値がない、なんて、自…

「できるようになりたい」と思う人はそう簡単に挫けません。

「できるようになりたい」と思う人はそう簡単に挫けません。このタイプは与えられたタスクを学びやスキルアップのチャンスとして捉えているため、間違いをおかすことは承知の上です。障害になることがあったとしてもモチベーションを維持することができます…