読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

「鼻に豆!」もいいじゃないか。

現代の冒険はなかなか難しい。
 用意周到に過ぎると冒険じゃないと言われるし、リスクに挑戦して遭難でもしたら無謀と言われる。
 どっちにしたって、「鼻に豆!」と言われる危険があるのだ。

(中略)

まあ、良い歳の大人で、どうやら世間的には「おじいちゃん」ではあるんだけど、「鼻に豆!」もいいじゃないか。
 コンサルタントがなんと言おうと、それが楽しければ。

 

──和田一郎(id:yumejitsugen1)(「ICHIROYAのブログ」より)

 

「鼻に豆!」って、何かってわけわからないと思うし、詳細は引用元で参照されたリンクを見てもらいたいんですが、つまりは、こういうこと──

鼻に豆詰めるとか、面白いからってやったら滑稽で笑いものだし、もしかしたら寒い目で見られるかもしれない。そんな鼻に豆をわざわざ詰めるみたいに、滑稽なこと、大きすぎる冒険のこと。

というわけらしい。

 

歴史に名を残すような偉業を成し遂げた人は、得てして変人だったりする。

最近だと、スティーブ・ジョブズが、わかりやすいのかな。

禅に力を入れた極度のベジタリアン。我が道をゆく男で、かなり周囲を振り回した。

でも、結果として世界一位の会社(現在の時価総額的に)であるアップルを作り上げた。

iphoneが再びsamsungの売り上げを抜いたなんて話もある。

AppleがSamsungを打ち破りスマホ販売台数No.1に返り咲いたことが判明 - GIGAZINE

※まぁ、もうジョブズなくなってるから、これは関係ないけど(おい)

 

失敗すれば、鼻に豆の笑えない笑い話。

成功すれば世界の有名人。

一般人にはハードルが高いけれど、自分にはちょっとハードル高くて笑われそうなことでも、やる価値はあるんじゃないかな、と思った。

口だけの人間にならないように私も頑張らないと。

 

 

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと

 

こんなところで私信:

一郎さんへ。本買いました。
ようやく発送されたので、まもなく手元に届きそうです。