読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

世界中の人々が全て自由になる日は来るかもしれない。

「自由」というものは本来、人と比較するものではないのに対して、「平等」というのはその本質からして相対的な概念だからである。もし世界に自分一人しかいなかったと仮定した時、「自由だ」とは思えるかもしれないが、「平等だ」とは思えないのである。
世界中の人々が全て自由になる日は来るかもしれない。しかし、残念ながら、平等になる日が来ることはない。
貧困は解決するかもしれない。しかし、平等は解決しない。

 

──安達裕哉(「ハフィントンポスト日本版」より)

 

正しいんだけどきっついですね、この言葉。

特に資本主義社会の中じゃあ全員「平等」とか完全に不可能ですよね。

誰かを蹴落としながら上を目指すのが基本だから。

 

じゃあ、なんでこの言葉取り上げたんだよ、て話になると思うんですけれど、

私が気に入ったのは「世界中の人々が全て自由になる日は来るかもしれない。」という言葉。

育った環境とか生まれた国とか性別とか、人生には生まれながらの制限がいろいろあるけれど、

そんなもの全部取っ払って自由、っていつかきっとなると思うんですね。

そもそも、願いは叶うじゃないけれど、制限があろうとなかろうと、

人間本気になれば、結構何でも叶えられると思うんですよ。

だから、そもそも世界は本人のやる気しだい(まぁ、やる気の出しやすさはあるけど)で、

どうにでもなるものなんですね。

そんな自由な世界の中で何をするのか。

それを考えながら漂うしかないんじゃないかなぁ、と思うわけです。

平等とか不可能なこと考える前に、自分が何やりたいか、じゃないかな、と。

 

そんなことをつらつら考えされられた言葉でした。

ちょっと難しいこと考えたら、とたんに文章支離滅裂気味ですね。激しく反省。

 

 

天才に勝てるアイデアのつくり方

天才に勝てるアイデアのつくり方