読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

“思いつき”をカタチにするために必要なものは?  “即断速攻”と“具体的に始めること”。

“即断速攻”と“具体的に始めること”。この2つが軸です。その時、やれることをやっていくイメージ。目の前のやるべきアクションは明確に見えていることが多いです。

 たとえば本の中で気になる人が出てきたら、その人の講演会を調べて連絡をする。そういう小さな一歩を、いかに熱いうちに踏み出すかが大事。そもそも思いつきって翌日には冷めるじゃないですか。だから具体的に、8時間以内くらいで、何かしらのスモールアクションを起こしておいて次につなげます。

 

──税所篤快(「リクナビNEXTジャーナル」より)

 

日々いろんなことを思いつくんですが、よく忘れます。

寝る前に思いついたことが一番ひどいですかね。

あと、お風呂とトイレもよく忘れます。毎回メモ用紙もって入ってられるかい!(笑)

でも、思いついたときってかなり自分やったったぞ!って思ってることが多くて、

それを全部実行できてたら、どんなことになってるんでしょうね。

神のみぞ知る感じですね。

まぁ、思いつきなんてしれっと忘れるので、基本的にはよくメモします。

手帳が多いですが、たまに持ち歩いてないので、スマホ

トイレとお風呂は死ぬ気で脳内で繰り返す。

寝る前は、寝る前にメモに走る。

で、翌日中くらいには手をつけてしまう。

やりたい!も、欲しい!も、俊足でどうでもよくなってしまう。

衝動買いしすぎるのはよくないけれど、勇み足だと思って手を止めちゃうと、

次に再開するのはかなり苦しい。

これいい!と思ったことを形にするために、まずはダッシュで最初の一歩を踏み出さないと、ですね。

 

 

前へ ! 前へ ! 前へ ! ― 足立区の落ちこぼれが、バングラデシュでおこした奇跡。 ―

前へ ! 前へ ! 前へ ! ― 足立区の落ちこぼれが、バングラデシュでおこした奇跡。 ―