読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

挫折したり、道に迷ったりしたら、「思い切り逆サイドに振り切る」のは一つの方法かなと思っています。

成長

「これだ!」と信じて本気で打ち込めば、たとえそれが方向違いだったり、失敗に終わったとしても、本気で取り組んだ経験は自分の中に価値として残ります。複数の打った点が、それぞれ全く別方向に見えても、その経験は振り子のように真ん中に戻ってきて、将来振り返ってみた時に、太くしっかりとした線(キャリア)になっているのだと思いますよ。

 

──上坂優太(「リクナビNEXTジャーナル」より)

 

やりたい!と思ったことは思いっきりやってみる。

中途半端にやれば、なんだかもやもやが残ってしまう。

どなたか忘れてしまったのですが、以前、こんな話を聞いたことがあります。

その方は、ものすごく多趣味。興味を持ったことがあれば、すぐに始めてしまう。

そのときに、まずはプロ仕様の本格的な道具を揃えるところから始めるそうだ。

ゴルフを始めるなら、ゴルフクラブ一式を、テニスならラケットからシューズまで。

もちろん、その分、お金はかかるけれど、そこまでやってしまえば、やっぱりやるのやーめた、なんてできないし、ストレスなくやることもできる。道具のせいにして自分のできなさを言い訳できないから、自分の力量がはっきりわかる。

思う存分試したら、あとは、それを続けるか、やめるのか。それはその時の気分で決めればいい。失敗しても成功しても精一杯やれば、あとに後悔は残らない。

さすがに、プロ仕様の道具を揃えるのは金銭的に難しいけれど、道具を揃えてしまうのはやる気の維持には大事なこと。

 

私もつい先日、あらたに興味を持ったことがあったので、足りない道具を買ってしまいました。まぁ、最低限のシロモノですけどね。

もう、道具が届いた瞬間に、わくわくしていた気持ちが最高潮。すぐに始めたくて時間がないのにウズウズしてしまいました。

そのうちどこかでお披露目するかと思うので、どうぞよろしくお願いします。

やるならトコトン。楽しいですよ。