読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

「職を転々とするのは、みっともない」という一般通念があるが、これは、人生の楽しみ方、人生のゲームルールを知らないゲームプレーヤーの捉え方と言ってよい。

人生ゲームでは、ゲーム目的をプレーヤーみずからの意志で自由に設定、変更、追加、削除が可能だ。しかも何度でもだ。つまり、生きている限り、その気になれば、人生ゲームは何度でもやり直しがきくのだ。

 

──JUNZO(『人生ドラクエ化マニュアル』より)

 

特に日本だと、まだ一つの会社に勤めあげるのが素晴らしい、という考えが浸透している。10年前よりはずいぶん緩和されて、一度や二度くらいの転職ならそんなに不利益にはならなくなってきた。でも、ジョブホッパーなんて言われるくらい職をいくつもいくつもやってきた人は、なぜかその人が一般的に大成功と呼べるようなことをしてないと、転職市場では嫌煙される。どれだけ、その人に能力があったとしても。

そういうのもあって、いい年したおっちゃんは、もう何かを始めるには遅い、とか言っちゃうんかね? 遅すぎることなんていつだってないのに。家族だって、言い訳の材料のひとつに過ぎないのに。まぁ、会社員であり続けることに疑問を抱きつつも、スパッとやめられない今の私は似たようなものか。私は年内には片をつけるけど。

大人が夢を見て何が悪い。人生はたった一度。満足の結果にならなかったら、死ぬときにめっちゃ後悔するだけやんんか。私は後悔したくないし、やりたいこと全部諦められない。とことんやって、あーもう叶わんかったけど、満足!ってところまでやり切らないと。

そして、また別の人生ゲームをそこから始めるのだ。