読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

倒れる時は後ろではなく、前のめりに倒れたいと思っていました。

それなら少なくとも、何を目指して倒れたのかこの目で見ることができるからです。

(中略)

倒れる時は、前のめり。トーマス・エジソンは実験を1000回失敗しました。知っていましたか? 私は知りませんでした。1001回目に電球を発明したのです。彼は前向きに倒れ続けました。ひとつ失敗するたびに、成功へひとつ近づいたと考えていたのです。

 

──デンゼル・ワシントン(「ログミー」より)

 

先日、どこかで聞いたのが、成功の反対は失敗ではなく、「なにもしない」だということ。じゃあ、失敗は?というと、成功とともにある。学校だと兎にも角にも落ちこぼれはダメってことで、OKとNGに分類されてしまうけれど、社会に出たら、NGよりももっとダメなのが、なにもしないこと。

なにもしなければ何も起こらない。成功も失敗もない。安定はするのかもしれないけれど、面白味もない。ま、それでいい人は、そうであればいい。そうじゃなくて、成功したいならば、何かをしなければ前には進めない。前に進もうと思ったら、失敗は避けられない。萎縮しすぎてはいけない。

すぐに失敗を恐れる自分への自戒をこめて。