読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

何言ったって平気な人なんていないよ

漫画 人間関係

傷つくよ

自分が嫌われてるって知って、傷つかない人なんていない

聞こえていない、気にしてないふりをしてても、あなたの言葉は全部、清水くんに届いてるよ

何言ったって平気な人なんていないよ

 

──保健の先生(「comico ぼくらのじかん。55話 祥子の場合②」より)

 

いいこというなぁ、保健の先生。

 

小学生の日常的な漫画のシリーズより。

クラスメイトの鼻たれ小僧の男子・清水にいたずらばかりでイライラする祥子。給食時間、清水に笑わされて牛乳を噴いてしまって、思わず保健室に駆け込む。あんなひどいやつ、と文句を言いまくる祥子に、保健の先生がひとこと。

 

つい、カッとなると、言いたい放題になってしまうだけれど、やっぱりそれは相手を傷つけるし、傷つけたところで得られるのは、その瞬間の自分の優越感みたいなものだけ。傷つけられた相手が、それで態度を改善するわけじゃない。

あと、何か一つ悪いことしたら、何されても文句言えないみたいな状態になること多いけど、悪いことに対する責めはまだ良しとして、無関係なとこまで責められるのはやりすぎよね。万引きしただけで、人格全否定とか。例えばだけど。

なんにせよ、悪口は言わないにこしたことはないですな。