読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

笑える者が強くなる

小説 人生 成功

死んでしまいたいほど悲しい時。何もかも捨てて逃げ出したいほど苦しい時。光の見えぬ絶望の時。その中ですら、笑える者が強くなる

 

──アトロ・スパイカー(『六花の勇者』より)

 

主人公アドレットの師匠アトロの言葉。アドレットの回想より。
自分が仲間を騙す偽物だと疑われ、追いつめられていく時ですら、アドレットは笑う。笑えなくなったらおしまいだと言うかのように。師匠の最初の教えを守り続ける。

アニメでもいい言葉だと思ったけど、原作読んでて改めて目に止まったから紹介。

 

「笑い」って本当に力がある。

なんかもうほんとにしんどい時に、とりあえず口角を上げるように顔を動かすだけで、ちょっとだけ心が軽くなるのが実感できる。いや、ほんとに実感するからやってみて欲しい。

端から見てデキる人って、なんかどんな難しそうなことをしていてもスマートに見える。でも、それはその人の能力が高いからだけじゃなくて、スマートに見せようとしているってのもあると思う。しんどい姿は見せないっていうね。

敢えて自分を騙すように演技をすれば、それが本当になっていくことだってある。だから、まずは笑うのだ。

 

六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)