読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

死ぬまで諦めなければ、それについては悩まずに済む

小説 人生 成長

「アドレットさん。もし、力を手に入れられなかったら……どんなに努力してもだめだったら、どうするの?」
「……難しい問題だな」
 アドレットは静かに笑う。
「まあ、考える必要はねえさ。死ぬまで諦めなければ、それについては悩まずに済む」

 

──アドレット・マイアとロロニア・マンチェッタ(『六花の勇者 4』より)

 

仲間の一人ロロニアが、主人公アドレットの師匠アトロ・スパイカーの元で修行していた頃の会話。 

 

努力しても叶わないことはある。一生をかけても叶わないことはある。

この物語の主人公アドレット・マイアは、地上最強を夢見て修行を続けた。確かに、修行を始める前よりは見違えるほどに強くなった。だが、他の仲間から見れば、彼は地上最強では全然なくて、自分たちに劣る普通の人間だった。

それでも、アドレットは地上最強を謳い続ける。そうやって諦めなければ、夢を失う恐怖を味わわずに済むとでも言うように。

 

って、なんか、切ない話になったな(笑)

違うんだ。そういうことが言いたかったんじゃないんだ。

「一生諦めなければ悩まずに済む」そう言い切れる強さがあれば、「きっと叶わない」と思って努力するよりも、うんと夢に近づける。

余計なことを考えずに、ただ前に向かっていく。

そういう潔さを手に入れたいと思うのだ。

 

六花の勇者  4 (スーパーダッシュ文庫)

六花の勇者 4 (スーパーダッシュ文庫)