読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

人間は本能的に自分を低くみられるのがイヤなのです。

例えば日なたぼっこをしていて、前に人が立って自分が陰になったらどうするか。『どいて』と言えば心象が悪くなるし、『なんだ!』と怒ったりすれば反感を持たれます。でも相手が電信柱なら自分が移動するでしょう。相手が人だから自分が動くとプライドが傷つく。

 

──横山信治(『PRESIDENT WOMAN 2016年01月号』特集「2016あなたの運命を変える!」より)

 

見知らぬ誰かと電信柱のたとえ、どうですか。私はものすごく納得ちゃったんですけど。いや、まぁ、電信柱が突然現れることはないし、電信柱の後ろでわざわざ日なたぼっこすることはないんですが(笑)

こういうとき、スッと自分から動ける人になりたいな、って切に思います。で、先日、ラーメン屋に入ったときのことをすごく思い出した。

その店はドアがスライド式でお客さんが自分で開け閉めするタイプだったんです。それで、私の後に入ってきた二人組がちゃんとドアを閉めずに席に着いて、閉まってないことに気づいてない。店員は気づいているのかいないのか、いつものことなのか、閉めにはいかない。冬のことだから寒い風がスーッと入ってくる。どうにも不愉快だけど、自分で閉めに行く気にはなれない。結局、別のお客さんが帰って行く時にちゃんと閉めてくれて話は終わり。

あのとき、自分でスッと立ち上がってドアを閉めに行けばよかったな、とつくづく思います。なんでそうしなかったというと、食べてる途中でめんどくさかったのが一つ。もう一つは、私が行くのは違うだろ、っていう変な考え。

仕事中でも思うんだけど、これなんで私がやってんだろとか、なんで私が考えてるんだろ、ってたまに思う。

でもさ、他に気づいている人がいないかもしれない。気になってるのは自分だけかもしれない。だったら、自分が動くしかないんですよね。プライドがあるのは悪いことじゃないけど、変なプライドは出さないようにしていかないと。

 

 

抜群に評価される人の教科書 〜誰からも評価される魅力的な人が実践している人間力が高まる行動法則〜

抜群に評価される人の教科書 〜誰からも評価される魅力的な人が実践している人間力が高まる行動法則〜