読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

知性で本能を抑えなくてはいけません。

小説 気持ち 考え方

ケースは猫を守るためのものと納得して、安全に旅行できることを喜びましょう。あなたが外に出られないということは、中に入ってくるものもないということ。つまりケースの中の猫は、穴にかくれたねずみと同じくらい安全です。(中略)猫ケースだろうと籐のバスケットだろうと小型のかばんだろうと、だまって入ること。こんなところでプライドをふりかざしたって、何の役にも立ちませんからね。

 

──ポールギャリコ(『猫語の教科書』「旅行におともするコツ」より)

 

猫がご主人と一緒に旅行するにはどうすればいいかの手引。猫ケースに入るのがどんなに嫌でも、旅行したかったら諦めなさいという教えなんだけど、なんて合理的。

 

プライドというものは、いい仕事をしたり、自信を持ったりするのには役立つかもしれないけれど、変なところでプライドを見せると、それはたちまち色んなことの妨げになってしまう。

会議で問題に対する解決策が出ない。悩んでいると、能力的に下だと思っていた後輩が妙案を出す。それがなんだか癇に障って、思いっきり反論する。こんなところでプライドを振りかざしたってどうしようもない。

私もプライド高いし、人の上下関係がっつりつけちゃう人で、犬が家族の順位を決めるみたいに順位を無意識でつけてることがある。それで、自分より順位下の人に負かされた気分になると、ちょっと不機嫌になってしまう。

でも、それに意味なんてないんだよね。

スポーツみたいな勝つことがすべてみたいな世界だったらいざしらず、ともに仕事を推し進めていく仲間なんだったら、敵対する意味はない。

もう少し心に余裕を持ちたいものです。

 

猫語の教科書 (ちくま文庫)

猫語の教科書 (ちくま文庫)