読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

相手のためというのは、ボランティアではない。  相手のことを思って作る何かは、必ずキミさえも幸せにする。

 人は自分のためなら、適当な結論やラクな方法で済まそうとする。

 しかし、大切な人のためなら面倒でも結果にこだわろうとする。

 カップ麺とハンバーグが違うように、その先にある成果物が変わってくるのだ。

 そして、成果物は相手のためだけにあるのではない。

 彼のためにつくったハンバーグを一緒に食べるように、誰かのために生まれた素晴らしい成果は、自にをも幸せを与えてくれる。

 

──加地太祐(「ダイヤモンド・オンライン」より)

原文ママ

 

自分が食べるだけならカップ麺で済ますけど、大切な人と一緒に食べるならハンバーグを頑張って作る。この例え、めっちゃわかる。一人暮らしなんで、頑張って自炊することもあるだけど、今日はもう無理。適当にコンビニで買ったもので、ってなる日も当然あるわけ。でも、誰かのためにご飯を用意するなら、さすがに疲れててもスーパーのお惣菜くらいは出さないとな、とか考える(と思う)

誰かのためって、エネルギーとしてはすごいんだよね。自分のためだけでは出せない力を発揮する。好きな人に好かれたいためのオシャレとか、尊敬する人に認められたいがために奮闘する仕事とか。

そういうプラスのエネルギーを発揮できる大切な人。そんな人を見つけられたら、それだけで成功への一歩を踏み出してるのかもしれない。

 

 

成功する人の考え方

成功する人の考え方