読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

心配は一種の悩みです。そして一人で悩むことはあまりいいことではありません。

気持ち

心配なことを他人に打ち明けて、話を聞いてもらうだけでも、意外に心がすっきりするものです。この時、あまり心配症の人に打ち明けるのはオススメではありません。その人が自分以上にそのことを深刻に捉えて心配していたりすると、こちらも相談する前以上に心配になることがあるからです。

 

──島崎敢(『心配学』より)

 

一人でぐるぐる考え込んでいると、どうにも深みにハマってしまう。誰かに打ち明けた瞬間、それがパッと晴れることが結構ある。上司に問題ごとの相談行ったら自己解決したとかあるある過ぎる。話すってのは、頭の中だけで考える、とはまた別の部分を使うんでしょうね。脳科学とか全然だから知らんけど。

私の場合、恋愛相談とかもっとするべきなんだろうなぁ。大体自分の頭の中で考えて、考えていくうちにドンドン深みにハマっていくというか、一つの考えから抜け出せなくなるって状態になっちゃうから。でも、仕事の相談と違って、誰にでも話せることじゃないし、ついつい自分の中で貯めこんじゃうんだよな。まぁ、仕事の相談なら気楽にやってるか、っていうとそうでもないけど(笑)

たいてい溜め込み過ぎて、体調不良とか不機嫌とか怒りの方向に爆発しちゃうから、その前になんとか相談できるようになりたいもんです。

 

心配学 「本当の確率」となぜずれる? (光文社新書)

心配学 「本当の確率」となぜずれる? (光文社新書)