読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

あなたの個性とは、相対的なものではなく、絶対的なものなのですから。

自分

いいですか、「人と違うこと」に価値を置くのではなく、「わたしであること」に価値を置くのです。それがほんとうの個性というものです。「わたしであること」を認めず、他者と自分を引き比べ、その「違い」ばかり際立たせようとするのは、他者を欺き、自分に嘘をつく生き方に他なりません。

 

──哲人(『幸せになる勇気』より)

 

ついつい他人と自分を比べてしまう。あの人は自分よりここが出来ていない。自分はあの人に比べたらこういうところが全然足りてない。目に見えて上下が分かるテストの点数社会で生きてきたせいかな、どうにも上下が気になってしまう。(趣味は勉強とか言われてたガリ勉少女だったもんで。いや、趣味ちごたけど)

でも、テストの点数と違って、人の性格に上下はないんだよね。そりゃ短所と長所はあるし、短所が多い人、長所が多い人はいる。けど、短所は長所の裏返しでもあるんだから、短所が多い人は短所っぽく性格が表に出てるだけなんだよね。上手くその性格を乗りこなせば、すごい長所になる可能性だって秘めてるはず。

人にほめられることがある。能力が認められることがある。 その一方で、人に煙たがられることがある。存在感が薄い時もある。それ全部ひっくるめて私なんだから、全部自分では認めてやらないとですよね。

 

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII