読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

現代社会に生きる僕たちが、何もしない、何も考えない時間をつくるのは案外難しいことです。

だからこそ、そんな時間をつくっていくことは大切です。興味があれば、まずはその成果などを期待しすぎずに、ただ体験してみればいいのではないのでしょうか。

雑念だらけなら、「自分は雑念だらけだ」と感じるだけでいい。それが、自分自身を見つめているということなのだと思います。

 

──若新雄純(「プレジデントオンライン」より)

 

敢えて作ろうとしないと、何も考えない時間ってできないんですよね。

私、だいたい家にいるときはテレビつけてる感じなんだけど、最近考え事が多いからか、テレビが雑音に感じることが増えた。それで、テレビ消しても、何も考えない時間にはならないんだけどね。手作業で何か動いてるとか、頭の中は翌日の予定でいっぱいだとか。

やりたいことはいっぱいで、考え事もいっぱいで、とても何もしない、何も考えないなんて時間は作れそうもない。というか、その時間がもったいないって思っちゃう。

でも、一瞬の「無」って思っている以上に大事なんだろうな。

仕事でマルチタスクでガンガン進んでると、忙しなく動くことが普通になるけど、やっぱり体は疲れてくる。そんなときに、何も考えない時間を作ると、フッと余裕ができて新しいものが浮かんでくることがある。

焦っているとき、忙しいときほど、そんな無の時間を大切にしないといけないのかもしれない。

まぁ、無になろうとして、雑念ばっかりっていうのが、毎度のことにはなりそうだけど(笑)