読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

「逃げ」ではない「甘え」は、チームならではの良さを引き出すテクニックのひとつなのかもしれませんね。

チームで働くメリットとは、自分とは違う個性の人たちと、力を合わせて仕事ができること。自分だけではできない高さまで、かかわる仕事のレベルを上げることができることです。

そこにはあくまで「達成したいゴール」があり、「目指す目標」がある。それを見据えて助け合い、最短ルートでゴールを目指すためには、お互いが上手に「甘える」のも有効手段だったのだと思います。

 

──はせおやさい(id:hase0831)(「サイボウズ式」より)

 

何でもかんでも自分一人で片付けようとする人いますよね。ま、私のことなんですが(笑)

自分にできること(できそうなこと)を他の人に回すのってめちゃくちゃ苦手で、たぶん、自分より得意な人いるんだろうけど、自分でやり切っちゃうことが多い。最近は、さすがにお手上げ、っていうラインが見えるようになったからマシになったけど。

ある程度若いうちってそれもありだと思うんだよね。その方が身につくから、いろいろと。もちろん、スケジュールに支障が出るとか他の人に迷惑がかかるってなったらやり過ぎだけど。

でも、そこそこの歳になって、部下がつくようになったら、そんなことも言ってられない。全部自分でできる仕事なのに時間が足りない、ってこともあるだろうし、そんな部下にもできるような仕事は部下に任せて、自分にしかできないことをやれってポジションにもなっていく。

そうなったときに、いい「甘え」ができないと、ずいぶん苦しめられることになるんじゃないかな。自分一人で抱え込むことが正しいんじゃなくて、今目指してる目標が達成できることが何においても正しいんだから、そのための「甘え」はどんどんやっていかないと、ですね。