読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

他人に正解を求めるから……自分で考えて動いていないから、いざというときそんな風にみっともなく取り乱すんだ。

小説 自分 考え方

他人に正解を求めるから……自分で考えて動いていないから、いざというときそんな風にみっともなく取り乱すんだ。

 

──宮地磐夫(『東京レイヴンズ (14)』より)

 

裏切り者の上司から部下への台詞ってところですかね、まとめると。

 

自分の意志で動くって難しい。特に部下側だと、単独行動し過ぎると上司にたしなめられるし、やらないのもそれはそれで埋もれてしまう。その匙加減が難しい。まぁ、すべて丸っと無視して上司を飛び越えるのは、ありっちゃありだけど、よっぽどの自信が必要だよね。

基本的に仕事はチームワークだし、まだポジション的には若手だから、自分の上にリーダーがいることばかりで、そうなるとリーダーの思い描く方向性に沿うように動こうとする。リーダーが正解を握ってるかのように捉えてしまう。

でも、いつまでもそれじゃあいけないんだよねぇ。そりゃ、経験で勝るリーダーとか上司とかをすぐに飛び越えるのは難しいけれど、自分なりに思い描く理想とか、仕事の動かし方とか、自分を出していける部分は絶対にあるはずだから。それをちょっとずつでも発揮しないと、人生を揺るがすような何かが起きた時でさえ、他人任せになってしまうかもしれない。

そんなのきっと楽しくない。自分で動かすからこそ、何もかも楽しいに決まってるんだから。