読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

うつ病になって結婚とか出世とか普通の人生をあきらめることにしたのですが、それは決してネガティブな意味ではありません。「執着を手放す」という意味合いです。

習慣 考え方

こだわっているもの、そうしなければならないと思い込んでいたものから距離を置く、ということです。執着を手放すことで、また新たに手にすることができるものがある、とわたしは信じています。

 

──ルイ (id:deperessionnote)(「うつのキセキ。」より)

 

人間のキャパシティには、おのおのの限界があって、それを越えたものはどんどん意識から零れ落ちてしまう。だから、本当に欲しい物ややりたいことがあるのなら、それよりも優先順位の低いものを捨てなければならないのだ。

個人的には、最近鬼の形相でクロスステッチやってるわけですが、まぁ、コレをやめると金銭的にも時間的にもだいぶ別のことできるんだけど、やめれないんだよね。これをやり切ることに執着してるというか*1。本気でやるの苦しければ手放すことも考えるんだけど、今のところそこまでじゃないから続けてるって感じかな。え、結婚とか出世に比べたらみみっちいって?そんなの人それぞれじゃないですか(笑)

ただ、何かを手放したら新しいものが入ってくるって感覚は、実感としてあって、人間関係も新しい人間関係を築き始めると、どうしても古くてご無沙汰な人間関係は捨てざるをえないとか、出会う人の数がそれなりに多いので頻繁に起こる感じです。それは寂しくもあるけれど、自分の中にできる新しい世界みたいなものを味わうのも、それはそれで楽しい。

捨てるって言うとネガティブなイメージがあるけれど、新しいもののためのスペースを空けるって思うと、余分な執着を捨てやすくなるのかもね。

 

 

*1:ちなみに、これ → http://www.cross-stitch.jp/home.html