読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

やっぱり何か感じることがあったら、何かを手放してもやってみたほうがいいと思っています。

人生

安定とか安全を求めることは誰にとっても自然なことだと思います。ただ、安定とか安全は、結果的に危険な道にいくことがある。安定や安全を求め過ぎて何も手放さないと、どんどん行き詰った道にはまっていってしまうと思います。

(中略)

そもそも絶対に安全な場所なんてないんだから、知らない場所に行っていろんな人に会って、そこから学んで、少しでも自分が生き残れる力を身につけておきたいと思っているんです。

 

──川村元気(「リクナビNEXTジャーナル」より)

 

思う存分やってみたいことに出会うのは難しい。四半世紀以上生きてるけれど、人生かけたいレベルでやりたいことに出会った記憶はない。別にやりたいことが全くないわけじゃないけどね。

とはいえ、それが安全な場所にいたいがためのブレーキがあるせいかも、と言われるとそうかもしれない。それぐらいの感じで自分の欲求に鈍感な気もする。心の動きってふわふわと捉えどころがないから、自分でもよくわからない。

年齢的に、仕事でどんな方向に進むのかみたいなことを考える機会と聞かれる機会が増えてきて、そのたびに何がやりたいんかなぁ、って考えるんやけども、なかなかまとまるもんでもない。

言われたことやってるだけじゃどうにもならなくなってくるのは分かってるんだけど、打開策を考えるのも難しい。

個人的には、ちょっとした心の動きに敏感になって、それに従って動くしかないって思うんだけど、その動きを捉えるのも、難しいもんなんだよな。手詰まり感。

 

 

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)