いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

「意味なんてないよ。意味なんて、人間の勘違いだ」

 生きていることには、意味がない。

(中略)

 ふいな爆発で生まれた宇宙が冷えていくまでの過程で、気まぐれに生じた動物の脳に流れる意識が、意味を探し求めてさ迷うこの不毛な営みの全てが、正直言って僕には苦痛だった。

 

──岡田卓也(『君は月夜に光り輝く』より)

 

月夜を浴びると体が発光し、長生きは望めない不治の病──発光病。それにかかったヒロインと事故(?)で姉を失った主人公の、希望の見えない日々を綴った物語。

引用は、いつ死んでもおかしくないヒロインが自分の生きた意味を主人公に問うたときの回答。

私の生きた意味。

ある人の人生を語るに当たって、よく出てくる言葉だ。あとは、死の間際の人がうわ言で話す言葉のイメージかな。

そもそも、誰かが生まれることには、何かしらの意味がある前提で、人間の世界は回っているような気がする。けれど、他の動物の世界で、そんなことを考えているやつなんてほとんどいない。野生の世界では、生まれて一瞬で死ぬことなんてザラにある。それを見越して、子孫を残すために数を産む。まぁ、なんとか深読みしたら、子孫を残すのには意味があったのかもしれない。その一瞬の命にも。それで他が助かっているのだから。

でも、人間の考えてしまう意味って、そんなことじゃないことが多いんだよね。世の中に爪痕を残すというか、目に見えた形になった何かを残したがる。残そうとしない人は、だめな人扱いする人もいる。そうじゃないんだよな。

宇宙から見たら、人間ひとりひとりが生まれた意味なんて、きっと一つもない。それでも、自分が生まれた意味が欲しいのなら、少なくとも自分自身は納得できる何かを、自分で見つけるしかないんだよね。

不治の病系ヒロインの定めというか(おい)、このヒロインも最後には亡くなるんだけど、彼女は彼女なりの生きてきた意味を見つけられたんじゃないかと思います。あ、これってネタバレかしら。とは言え、この程度のネタバレならば、全然泣けるんで読んで欲しいです(笑)

 

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

君は月夜に光り輝く (メディアワークス文庫)

 

 

『心を鎮め、自分が神であると知れ』

 自分にはどんなことでもできる。自分の運命の支配者になったときから、不可能はなくなる、というわけだ。

 

──ミリオネア(『成功の掟』より)

 

9ヶ月ぶりぐらいに筆をとりました──実際には、パソコン開いてキーボード叩いてますが(笑) なんとなく作ってた体裁忘れてしまうぐらい久々に舞い戻ってきました。

なんでって、きっかけは、今回紹介したいこの本を読んだから。

多くの人が成功を、億万長者を目指すけれど、その人達には成功者足り得る心構えができていない。世の中に成功への道を書いた本は数あれど、その心構えを問いた本はない(発売当時は、かも)そんな趣旨の成功本です。見る人によっちゃ結構スピリチュアルかな。

私、基本的にお金稼ぎたい願望ってなかったんですよね。だから、なんでこの本欲しかったのかよくわからないんですけど、欲しい本リストに入ってたから中古で買ったのね。

で、結構こういうのに影響受けやすいから、ガーッとやる気になってまいまして。自分のやりたいことなんだろう、とか。本当のところ、どれくらい稼ぎたいのか。なんてことをうだうだ考えているうちに、このブログ再開したいなと思って今にいたります。読了日見たら、2月13日だったんで、思った以上に寝かせてましたが(笑) ひっそりつけてるAmazonアフィリエイトがこんなに細々してるのに、ちょいちょい購入上がってくるのが面白いってのは内緒(おい)

 

で、本題ですよ。引用に全然触れてないよ、まだ。もう文章書きたい欲としては満腹なんだけど。

このタイトルに入れた言葉は、ミリオネア自身が恩師に教わった言葉だそうで、要するに、本文中に引用したとおりなんだけど。自分の運命は自分で決める。いるかどうかも分からない空想の人物が神なんじゃなくて、自分自身の神様は、自分自身。起きる出来事は全部自分の思うがまま。そんな風に私は捉えました。

お金稼ぎたいなら、本気で思えば稼げるし、夢も本気で願って努力すれば必ず叶う。人間って思った通りにしか動けない。

今はこれから何がしたいって具体的なことが思い浮かんでるわけじゃないんだけど、不定期更新でブログは再開します。

前みたく、1つの本で複数の引用は無しで。1冊1引用1記事。良い言葉の紹介をメインに、本自体の紹介もできればな、という趣旨で細々活動いたします。

待ってる人がいるかは、わからんけれど、元々自己満足。好きなようにリスタート。

 

新装版 成功の掟

新装版 成功の掟

 

 

ちょっと一休み

最近、書く内容がマンネリ化してきたし、文章うまくいなくてスランプだし、ネタ集めもギリッギリでしんどくなってきたので、更新無期限休止します。

気が向いたら舞い戻ってくるかもしれないし、もう戻ってこないかもしれない。

でも、1年9ヶ月書き続けて、自分がどんなことを思っているのかが、なんとなーく見えてきたので、それなりに意味はあったのかな、と。

目標の1万名言には全然届かなかったけど、こんだけ毎日更新続けられた自分を褒めたい。

それではまた会う日まで。

わたしたちは何かを作ったとたん、それを愛情こもった目で見るようになるといういうことがわかる。

 創作者は、自分の作品を、専門家のおりがみに負けないほど立派なものだと思っていたのだ。創作者と非創作者のちがいは、おりがみという芸術全般に対する味方のちがいではなかった。むしろ、創作者が自分の作品に愛着を感じ、過大評価するようになったという点に、ちがいがあるように思えた。

──ダン・アリエリー(『不合理だからうまくいく』より) 

 

親バカと原理は一緒なのかな。持ち物、アイデア、作品、子ども。全部、頭に「自分の」って付くと途端に愛着が倍増する気がするのは気のせいではないみたい。

よくあるじゃないですか、他の人にはボロボロに見える昔っから持ってるものが、自分にとっては失くしたらショックを受けるぐらいに大切だってこと。いや、私自身は思い浮かばないんだけど(おい)

でも、子供の頃に大切にしてたぬいぐるみってパターンは多そうな気がする。それも、まったく同じキャラクターでも他人の持ってるやつとか、同じ形の新品だとダメなんだよね。言い方悪いけど、自分の手垢がついてる感じが良いというか。

別にそれが悪いことってわけじゃなくて、そういう傾向があるから、自分の持ち物を評価する時には客観的な評価なんてできないのが人間っていうことを忘れちゃいけないんだ。

 

 

仕事から意味を奪うのは、驚くほど簡単なことなのだ。

あなたが管理職で、なんとしても部下のやる気をなくしたいのなら、部下が見ている目の前で、かれらの労力を粉砕すればいい。もうちょっとさりげなくやるなら、部下を無視したり、がんばっている様子に気づかないふりをするだけでいい。逆に、同僚や部下のやる気を高めたいなら、かれらに気を配り、がんばりや骨折りの成果に関心を払うことだ。

 

──ダン・アリエリー(『不合理だからうまくいく』より)

 

好きなだけ折り紙で鶴を折ってください。そんな依頼が舞い込んできたとき、出来上がった折り鶴を次々と解体されてしまえば、やる気はすぐに落ち込んで、全然枚数を折らないうちにギブアップになってしまう。

そんなシーンを想像するのは難しくないんじゃないかな。

それなのに、現実では無意識にもっとナチュラルに、部下の成果をスルーしていませんか?ということ。

仕事ってしんどいじゃない。しんどいけどやらざるをえないじゃない。いや、もちろん楽しい部分もないわけじゃないけど、しんどい部分は何してても絶対にあるじゃない。そんなしんどい思いした結果をスルーされたら、私だったら次にもう一度同じしんどさを味わいたくなくなってしまう。やる気がシュンッと消失してしまうだろう。

いや、上司も忙しいのはわかるんだけど、それでも、依頼したからにはその成果に一定量くらいは、目をかけて欲しいんですよ。ま、自分が上司立場になったら、完璧にできないんだろうけど(おい)

それでも、スルーが驚くほどやる気を失わせるってことは覚えておかないとね。