いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

あなたには、そのような人生を生きる価値がある。そしてあなたの中には、そのような人生を創りだす力が眠っている。

 本書は、理想の人生を手に入れるためのカギとなる「人生の基本原則」についての本である。私はこの原則のおかげで、夢のような人生を実現できた。
 この本に書かれている原則は、どれもシンプルで誰でも実行できることばかりだ。これらの原則を取り入れれば、望みの人生を手に入れることができる。本当のあなたが生きるはずの人生、毎日を心待ちにするような人生、ため息が出るほど素晴らしい人生だ。

 

──ジム・ドノヴァン(『夢をかなえる人の考え方』より)

 

著者の実体験をベースに綴られる、人生を成功だと思いながら生きるためのヒント集。ネガティブも含めて、頭で考えていることは現実になる。潜在能力を信じて、ただ自分の願いが叶ったつもりで前に進む。

まぁ、どの自己啓発系の本でも書いてあることは結局のところ同じなのだけれど、それでも何度も繰り返しそういう「良い」メッセージを受け取り続けることが大切なんだなと思わせてくれた本です。

 

最近、気分の波が低空飛行を続けていて、あんまりこういう本を読む気にならなかったし、そもそも家事や本来好きな遊び含めて全然やる気にならない時期を鬱々と過ごしていました。それをようやく抜けた感覚があったので、こいつを紹介したくなりました。

なんで憂鬱だったのか、なんでそれを抜け出せたのかは、次来る波のときとの状況を突き合わせてちゃんと分析しないとわからないけれど、なんとなく原因っぽいのが、地震と雨の災害による不安と、低気圧による体調不良、あと、単純に体のコリが限界突破した、それと仕事上で体制の変更があった等々の気分が下がりそうな事態がちょうど重なったせいなんじゃないかな。

今回は結構ひどかった自覚があったけれど、まぁ、そのうち抜け出せる自身はあったのであまり心配はしていなかった。昔は本当に人生終わるんじゃないかってぐらいの悲壮感をもったシーズンもあったので、だいぶ進歩したと思う。

その立役者の一つが、何冊も読んだ自己啓発本だ。信じることが現実になる。壁は乗り越えるために現れる。そう信じて壁を一度乗り越えたことがあれば、次の壁も乗り越えられる自信になる。

個人的に自己啓発本は、モチベーションを保つためのエネルギーだと思っているので、今後も定期的に読んでいきたい。だって、いくら同じ内容でも、すぐに実践するのは忘れるのだから。

 

夢をかなえる人の考え方 (ディスカヴァー携書)

夢をかなえる人の考え方 (ディスカヴァー携書)

 

 

真面目なら真面目なりに、不真面目ならば不真面目なりに、生きていけるでしょうし、生きていかなければならないでしょう?

「けれどまあ、真面目なら真面目なりに、不真面目ならば不真面目なりに、生きていけるでしょうし、生きていかなければならないでしょう?」

 

──芝浦縁(『明治あやかし新聞 三 怠惰な記者の裏稼業』より)

 

明治を舞台に、あやかしを隠れ蓑にして事件を解決していく人々を描いた物語第三巻。引用に取り上げた、艶煙こと芝浦縁の過去が描かれた一冊です。

縁の義父は、ごろつきから少女を助けようとして、命を落としてしまう。父の死後、縁は盛り場に通って適当な暮らしを続けている。それが人として正しいかと言われれば、間違った方向なのかもしれない。けれど、何にしたって彼は生きている。死んでなければ生きていくしかないのだ。それがこの言葉に現れている。

 

先日のブログ記事を書いた数時間後、駅で電車を待っていた私は、ホームの上で地震に見舞われた。先々週に騒がれた大阪北部地震である。私自身としては、揺れには見舞われたが、ライフラインも止まらず、家の中もバランスの悪い棚が倒れた程度。近隣に住む親もほぼ被害なし。地震当日に電車が止まって出勤できなかったことを除けば、ほとんど被害はなかったと言える。

それでも、夜の余震は恐ろしかった。大きな揺れのあったその日の深夜の余震。まだ眠りが浅かったせいか、目が覚めてしまい、そのまましばらく眠れなかった。

ニュースでは、不幸にもあの地震で被害にあった人々の話が連日流れてくるし、水道管が破裂した映像も何度も見た。

ほんの数秒の揺れがすべてを変えてしまう。その恐怖を改めて実感した。

なにせ、阪神淡路大震災は、まだ小学校に上がりたてだったがゆえに、眠っていて記憶にない。東日本大震災は関西にいたため、揺れの余波を受けた程度だった。震源地近くでの大きな地震の経験が、運の良いことに一度もなかったのだ。

そうは言っても、次の日は普通にやってくる。職員の方の懸命の作業もあってか、交通網は翌日にはほぼ平常運行になっていた。だったら、家にこもる理由もない。普通に出勤して、仕事仲間と互いの状況を報告し合う。それも忘れて、2週間も経てば、それまでの日常に戻っていく。

忘れるな、備えろ、そういうけれど、毎日怯えて暮らすわけにもいかない。

有事が起ころうと、何事もなくともどちらにせよ、生きている限り、私達はその日々を生き抜かなければならないのだから。

辛くても苦しくても嬉しくても楽しくても何にしたって毎日を生きるしかない。

 

先々週の地震は、ただ生きているだけですばらしい。そして、死んでないなら生きていくしかない。そういう思いを強くさせる出来事だった。

 

 

明治あやかし新聞 三 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)

明治あやかし新聞 三 怠惰な記者の裏稼業 (メディアワークス文庫)

 

 

「いい言葉を口ぐせにしている人は、いい結果が出る」ということなんです。

  不思議ですが、言葉には現実を変えてしまうパワーがあるのです。
 あなたが前向きな言葉を使うようになると、必ずその言葉がポジティブな結果を引き寄せてくれます。
 ですから、いつもいい言葉を使うといいですよ。

 

──碇のりこ(『いいことだけを引き寄せる結界のはり方』より)

 

久しぶりに朝の出勤前更新してみました。今週は全国的に梅雨モードで憂鬱になりそうな天気ですね。

でも、憂鬱になりそうな時ほど、その気持ちをぐっとこらえて、前向きな言葉を口にする。それだけで気分がずっと盛り上がるはず。

 

この本は、どちらかというとスピリチュアルに分類されるような本だ。正直、宇宙の大いなる力みたいなものを本気で信じているわけではない。ただ、内容はまずは潜在意識の話から始まり、人の中でまだまだ未知の領域について淡々と語っているので、思わず実践したくなるものになっている。スピリチュアルというワードには、どこか宗教臭さがつきまとってくるイメージがあるのだが、この本にはそれがない。

選んだ引用は、個人的にかなり信用している言霊についてのものだ。「できる」と思うところからチャレンジの成功は始まっている。最近、そう思うようになってきた。

今の職場って、結構残業する人と緊急時以外全然しない人に二分されていて、あんまりよくはないと思っているんだけど、なかなか改善しない。常にそれなりに残業している人だって残業したいわけじゃない。それでも残業が減らないのは、残業しないと仕事が回らない。そう思い込んでいるからなんじゃないかな。自分が残業してこの仕事を終わらさないといけない、という思い込み。本当は、他の誰かに分担したり、そもそもの作業を減らしたりできるはずなのに。

自分には早く帰ることなんてできない。いわきさん「は」すごい。そう言われるたびに悲しくなる。ただ、早く帰るのが習慣で、いろいろ仕事を投げ捨てて帰ってるだけなのにね(笑)

そういう意識改革から始めないと残業ってなくならないのかな、としみじみ思う今日このごろです。

 

ただでさえ、天気が悪いと気持ちは下がるもの。今週は自分なりの楽しみにワクワクしながら乗り切らないといけませんね。私は晴雨兼用のパンプスを新調したので、それを履くのを楽しみに過ごそうと思います。

 

いいことだけを引き寄せる結界のはり方

いいことだけを引き寄せる結界のはり方

 

 

上手く書けた、とも思えません。でも、精一杯書きました。逃げることなく、立ち向かいました。作中で、「僕」が命題に対してそうであったように。

 こんなつらい話を、なぜ書くのか。その問いに明確な答えがないように、「僕」もまた、探していたすべての答えは得られなかったのではないか。そんな風に思います。ただ、それでも私は書きました。そしてまた、「僕」も……そんな風に、今は思えます。

 

──紅玉いづき(『現代詩人探偵』あとがきより)

 

「死ななければ詩人にはなれないのか」。かつてオフ会で知り合った詩人たち。その死を調べ直すことで、そんな命題に向き合った主人公の物語。

痛快な謎解きを期待して読むと、物語から漂う重苦しさに、読むのが辛くなるかもしれない。引用にもあるように、作者の生みの苦しみが文章にも滲んでいるようで、ただただ気分が憂鬱になる部分もあった。ただ、読み終わってみると、それだけじゃない何かが残っていた。

 

ちょうど最近、上手くいかないことが多くて、周りがどうこうというよりは、求めている自分と現実の自分のギャップに苦しんでいる感覚に陥っている。理想が高すぎるのかもとか、自分には無理だとか、そういう考えが頭を何度もよぎってくる。そんな空気を払いたくて、逆に憂鬱な本の紹介をしている。

本作は、確かに明るい本ではない。でも、最後には「生きるしかないな」と思わせてくれる作品だ。苦しみ抜いた先に何があるかはわからない。わからないまま終わるのかもしれない。それでも、まったく意味のない前進なんてない。

三歩進んで二歩下がる。そんなゆっくりしたペースでも前に進んでいけば、何か新しい景色が見える。そう思って進むしかないんだ。

 

現代詩人探偵 (創元推理文庫)

現代詩人探偵 (創元推理文庫)

 

 

その些細な、とても無力で愚かな行いを、彼女は否定しない。

 ──私たち、まだ十六歳の子供なんだよ。無力で愚かに決まってんじゃん。
 片柳は彼女の脳のことを知らない。だが、たぶん片柳なら、たとえ何の救いにならないことがわかっていても、最期の時までそばに居続けるのだろう。

 

──内村透(『七月のテロメアが尽きるまで』より)

 

進行性の記憶障害をもつヒロインと、人付き合いを避けてきた主人公の青春劇より。毎日死に近づいていく、忘れていくヒロインと主人公の日常を読み進めていくと、ただ傍にいるそれだけのことに意味はあるのか。そんな命題を突きつけられたような気がした。

幸か不幸か、これまでただ死ぬのを待つしかない容態の人と関わり合う機会がなかったもので、そういう人を目の当たりにしたときにどうすればよいか答えがない。

自分のことでいうと、命を引き延ばすためだけの治療はしてほしくない、とはっきり宣言できるのだが。では、ただ生きていてくれるだけでいいから、自分のために生きてくれ。と大切な人に言われたらどうするのか。想像の中ですら、大いに悩んでしまう。

引用では、「十六歳なんて無知で愚か」とあるけれど、三十過ぎても無力で愚かなのは変わらない。大人になったって、すべてを手中に収めることができるわけじゃない。どれだけ歳を重ねても、全知全能にはなれやしない。

何が正しいのかなんてわからない。その時々によってきっと変わるだろう。それでも、ただ一つだけわかることは、より自分が後悔しない道を選ぶしかないってことだ。

 

七月のテロメアが尽きるまで (メディアワークス文庫)

七月のテロメアが尽きるまで (メディアワークス文庫)