読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

悪しき状態が行動に大きく影響を及ぼし、悪い結果につながっていく。これが世間一般で言われている「因果応報」のメカニズムです。

小学校の「道徳の授業」ような話になってしまいますが……あるべき方向に力を行使することで初めて人間は本来の力を発揮できるのです。そもそも考えてもみてください。「後ろめたさ」を頭の片隅に感じながら、あなたは全力疾走できますか?頭のどこかでブレーキがかかってしまいますよね?そんな状態で楽しいワケがないのです。

 

──id:wiz7(「プロジェクトマネジメントの話とか」より)

 

だから、悪巧みもほどほどに。

仕事をしてある一定以上の成果を出すためには、どうしても知恵を絞って他人に負けないようにしなけりゃならない。

でも、やり過ぎはご法度。

ある時、ふと、こんなことばっかり続けてていいのかな。なんて思ったが最後、全力を注ぐことなんてできなくなる。

ちょっと違うかもだけど、やる気なく取り組んだものの成果よりも、全力出したものの成果の方が、褒められて嬉しいよね。やる気なくやってたら、いや、やる気なかったんで褒められても、って素直に受け取れないよね(受け取れる図太い人もいるかもしれんが)

だからさ、後ろめたさを抱くようなことはやめて、しっかりやらなきゃいけんわけですね。頑張れ、自分(おい)