読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

我々人間は他人を通してしか、本当の自分を知ることができない

ゆえに、社会的である必要がある。人間やそして多くの動物が社会を形成するのは、この自己を正確に認識しようとするがゆえなのかもしれない。

 

──石黒浩(『どうすれば「人」を創れるか: アンドロイドになった私』より)

 

鏡の中に映る自分は、他人から見られている自分とは違って、反転された姿の自分である。その時点で、もはや自分で自分を正確に認識できていないことになってしまう。

そういう見た目の認識もあるけれど、中身の認識のほうがもっと他人の存在が重要になってくる。より頭がいいとか、より優しいとか、よりずる賢いとか、他人がいないと自分がどの部分に突出しているのか、判別がつかない。

自分一人しかいない世界では、自分の才能には気づけないんじゃないかな。

それに、自己評価と他己評価って、結構ずれるんだよね。ずれてない人もいるのかな。自分じゃ大したことないって思ってることでも、人から見たらすごいことだったり、自分すげぇ!って一人で大喜びしたことが、世間的には大したことなかったり。そこをすりあわせていかないと、永遠に自分のことを正しく認識することなんてできやしない。ま、それでも100パーセントなんてありえないんだけどね。