読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

努力すべき目標が定まり、夢中になってがんばっているとき、人はまわりの人との相性などどうでもよくなります。

たとえばサッカー選手は、絶対に勝つと必死になっているとき、「こいつからパスをもらうの、ちょっといやなんだよね。性格もむかつくし」という不平は持たないでしょう。試合の前後にいろいろあっても、いったんピッチに立ったら関係ありません。勝つために必要なそれぞれの力を出しあうしかないとなれば、相性は関係なくなります。
 リーダーがゴールを明示し、メンバーが夢中になれれば、相性などどうでもいいのです。

 

──高島宏平(「ダイヤモンド・オンライン」より)

 

このサッカーの例えは秀逸だな、と思いました。

聞くところによると、直接会話したくないからメールでしか話さない、という関係の人がいるようです。

仕事が円滑に回らないとか関係ない。

でも、それって、その人がその仕事に本気じゃないってことかな、と。

(まぁ、それ以上、相手が憎いのかもしれないけれど)

仕事に本気にさせるって難しいけれど、それができたら相性とか本当にどうでもいいですね。

でも、本気にさせるのが難しいから大変なのかな、と私は思います。

本気度の高い人、低い人は当然いる。

それを踏まえた上で、一番仕事がうまく進むチームにしていく。

それがリーダーの務めなのかな、と。

まだ、リーダー経験ほとんどない私がいうのもなんですが(汗)

そんなリーダーになれるように、私も精進したいところ。