読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

生きるってものすごくエネルギーがいるんだよ。

小説 人生

だから、笑ったりおいしいものを食べたりして補給しないと、ボクたちは生きられないんだよ。

 

──アキ(『ひとつ海のパラスアテナ (3)』より)

 

昨日の言葉の続き。

まぁ、ただ漫然と食う寝るを繰り返すだけで、生きてはいけるんだけどね。

それって本当に生きてるのかな。「生きる」って言葉の本当の意味はなんだろう。そういうことを考えさせられる言葉。

毎日をぼんやりと過ごしていたら、それは「生きてる」って言えるんだろうか。

泣いて笑って、大好物を食べて、思う存分打ち込めることに神経を注いで。そういう感情に訴えかけるようなエネルギー、それがなければ、本当の意味では生きてるとは言えないんじゃないかな。

そういうエネルギーも、ものすごく必要なんじゃないかな。

 

作中では、アキがこの言葉を言ったシュマリは、言葉も通じない世界で、ただ死に場所を求めて生き続けたような人。

死ぬために生きてるなんて、生きてるとは言えない。

人間誰しも最後には死ぬけれど、それはそれとして、今日を精一杯生きねば。

 

ひとつ海のパラスアテナ (3) (電撃文庫)

ひとつ海のパラスアテナ (3) (電撃文庫)

 

最近読んだ別の本の影響が文章に出ている気がする(むむむ)

その本からの紹介はまた今度。