読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまんのいいことば

すてきなことばあつめました

人間関係に序列はあるのか。ある、というのが一般的だろうし、無いと答える人も中にはいるだろう。

人間関係

現実には、人と人との関わりには序列が存在する。優先順位というのがある。親よりも、子が大事。他人よりも、友人が大事。見知らぬ人よりも、顔見知りが大事。他種族よりも、同族が大事。犬よりも、人が大事。基準はいろいろあるだろうが、序列なんて存在しないとはなかなか言い難い。

 

──id:kkzy9(「Letter from Kyoto」より)

 

だから人付き合いは大変。

自分の中の序列と相手の序列が一致するなら話は早いんだけど、誰とでも一致するわけでもないし、状況によってはその序列が変わることもある。

私の場合、自分を除けば、家族が一番なのは間違いなくて、その次が恋人かな、人間関係で言えば。大事な仕事とかイベント事とか趣味とかは、やすやすと恋人を抜き去ることがあるけど(おい)

だからって、何でも言うこと聞く。ワガママを許すってのはまた違う。要は、崖から落ちそうな二人がいて、どっちかしか助けられないとしたらどっちを助けるか決めるときの序列でしかないんだよね、個人的には。

でも、世の中にはそうじゃない人もいるし、そもそも序列なんてつけてないと思ってる人もいる。しかも、そういう部分ってかなりの親密さがあっても語り合うことなんてない部分だから余計に難しい。

その難しさとか複雑さを含めて、人間関係って面白いなって思うんですけどね。